2019年 12月 15日 (日)

井上コーチ弁明にネット「意味不明」 日大会見で「QB潰せ、は色んな意味」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「闘争心とか中身の部分を変えたいと思っていた」

   また井上コーチは、当該選手を練習に参加させなかったり、厳しい言葉をかけたりした理由について、

「彼はすごく優しい子で、もう1つ上のレベルというか、技術的にも成長が止まっているなと思っていました。闘争心とか中身の部分を変えたいと思っていました。そこを育てるために、そういう発言をしました」

などと説明した。その上で、「過激な表現になって、彼を苦しめたというか、プレッシャーをかけたということは申し訳なく思っています」とした。

   また、当該選手が22日の会見で、井上コーチが「相手のQBが怪我をして秋の試合に出られなくなったらこっちの得だろう」などと発言したと説明したことについては、「(けがという言葉は)使っておりません」と否定し、次のように述べた。

「相手のQBは友達か、という事は言いました。ただ、相手のQBが潰れて得か損かというそういう話はしておりません。また、『定期戦が無くなってもいいだろう』とも言っていません」

   当初はこう話していた井上コーチだが、会見の後半では、けがという言葉を使ったかどうかについて、「正直、覚えておりません」とも発言していた。

   こうした井上コーチの発言をめぐって、会見を見ていたネットユーザーからは、「あまりに意味不明」「何が言いたいのかわからない」といった感想もツイッターに出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中