2018年 8月 17日 (金)

「日本体育大学」に誹謗・中傷が 日大タックル問題で風評被害、広報が注意喚起

印刷

   日本大アメフト部の危険タックル問題を受けて、日本体育大学の広報課は2018年5月24日、日体大アメフト部の学生に「誤った誹謗・中傷」が届いていると明かした。

   「本学は日本体育大学(にっぽんたいいくだいがく)です」――。日体大アメフト部も、公式ツイッターでそんな注意喚起を行った。

  • 日本体育大広報課の「重要なお知らせ」(画像はスクリーンショット)
    日本体育大広報課の「重要なお知らせ」(画像はスクリーンショット)

「多くの御意見やお問い合わせを戴いております」

   日本体育大学の広報課は24日、公式ホームページの「重要なお知らせ」で「日本(にほん)大学アメリカンフットボール部の反則行為に関する件について」と題するページを掲載した。そこでは、

「日本(にほん)大学アメリカンフットボール部の反則行為に関連して、本学(日本体育大学:にっぽんたいいくだいがく)アメリカンフットボール部及び学生に対して、誤った誹謗・中傷を含め、多くの御意見やお問い合わせを戴いております」

と説明。その上で、

「本学学生が安心して学生生活を送れるよう、御理解願います。なお、本学としても、このようなことがないよう、その指導に努めてまいります」

と発信した。

   広報課の担当者によると、今回の危険タックル問題は日体大アメフト部によるものだと認識している一部の人から、アメフト部や学生に問い合わせが届いていたため、このような文面を掲載したのだという。

   日体大アメフト部も24日、公式ツイッターで

「本学は日本体育大学(にっぽんたいいくだいがく)です。今回のアメリカンフットボールにおける反則問題にて名前が上げられている大学は『日本大学』『アメリカンフットボール部』です。本学は『日体大』であり、『日大』ではございません」

と呼びかけた。さらに広報課の「反則行為に関する件について」のリンク先を掲載する形で、「こちらもご一読下さいます様お願い申し上げます」と投稿した。

「本気で間違える人っているんだ...」

   日大の危険タックル問題を受けて、日体大がこうして「誤った誹謗・中傷」が寄せられている旨を発信したのは、今回が初めて。ツイッターでは、

「誤って苦情入れる人達がいるから日体大に迷惑かかってる」
「日体大かわいそう  とんでもない風評被害」
「ネタじゃなく日大と日体大を本気で間違える人っているんだ...」
「風評被害にも程があるやろ」

といった声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中