2020年 9月 26日 (土)

日大緊急会見で「光が見えた」? 「彼ら信じたい」青島健太氏に賛否

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   日大アメフト部の緊急会見に「光」や「救い」が見えた――。2018年5月24日放送の情報番組「ビビット」(TBS系)で、元プロ野球選手でスポーツライターの青島健太氏(60)がこんな持論を展開した。

   こうした青島氏の発言の直後、番組司会を務めるTOKIOの国分太一さん(43)は「正直、自分には、光というのは見えなかった」との異論を口に。いったい、青島氏は会見のどこに「救い」を見出したのか。

  • 会見で頭を下げる内田正人前監督(右)と井上奨コーチ
    会見で頭を下げる内田正人前監督(右)と井上奨コーチ
  • 会見で頭を下げる内田正人前監督(右)と井上奨コーチ

「少し光のようなもの、あるいは救いも...」

   この日の番組では、内田正人前監督と井上奨コーチが23日夜に開いた緊急会見の模様を冒頭から特集。その中で、会見に対する印象を問われた青島氏は、

「昨日のこの会見、確かにまだまだ解決しない、すっきりしない面はあるんですけれども、そんな中でも少し光のようなもの、あるいは救いもあったな、と私は受け止めました」

とコメントした。

   こうした青島氏の意見に対し、国分さんは神妙な面持ちで、「正直、自分には、昨日の会見で光というものは見えなかったので、ちょっと皆さんで考えていきたいと思います」。これに青島氏は、どこか不服そうにも見える表情を浮かべた。

   その後、番組の出演者からは、内田氏や井上コーチの会見での発言を問題視する声が次々と上がった。そんな中でも、青島氏からは指導者の2人の思いに共感や理解を示すようなコメントがたびたび出た。

   例えば、昨日の会見で井上コーチが、期待していた選手を「大きく育てる」ために過激な発言をしたなどと話したことについても、

「これはウソでもないし、本当に彼に期待を寄せていたと思うんです」

と理解を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中