2019年 10月 16日 (水)

日大会見「危機管理のプロ」が徹底ダメ出し 「見たことがない」...あ然とした理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本大学アメフト部の内田正人前監督、井上奨コーチの緊急会見は、リスクマネジメントや危機管理広報に詳しいプロの目にはどう映ったのか。J-CASTニュースが、危機管理コンサルタントとして30年以上活動する専門家に見解を聞いた。

   「ちょっと信じられないです」「この人たち、何も知らないんじゃないか」――。匿名を条件に取材に応じたこの専門家は、会見の模様はすべて確認していたとして、呆れたような調子で強烈なダメ出しを連発した。

  • 緊急会見での内田正人監督(18年5月23日撮影)
    緊急会見での内田正人監督(18年5月23日撮影)
  • 危機管理の専門家が問題視した謝罪シーン
    危機管理の専門家が問題視した謝罪シーン

司会者ブチ切れは「自分たちの不手際」

   緊急会見は2018年5月23日夜に行われた。出席者は内田氏と井上コーチのほか、日大に所属する弁護士、司会担当として広報部職員の4人。冒頭、内田氏と井上コーチが謝罪し、その後すぐに質疑応答に入った。

   こうした流れで行われた会見について、危機管理広報のプロに聞くと、

「謝罪してすぐに質疑応答に入ったことに驚きました。まずは時系列に沿いながら、選手の主張を認める部分と反論する部分、確認が取れなかった部分の3点をはっきり具体的に説明する必要があったでしょう」

と指摘する。会見後半、質疑応答が長引いたことに司会の男性が苛立ち、会見の終了を一方的に宣言する場面があったことについては、

   「しっかりと先に具体的な説明をしていれば、あんなに質問も出なかったでしょう。あれでは質疑が長くなるのも仕方がない。言ってしまえば、自分たちの不手際がまいたタネなんですよ」

と呆れていた。司会者の態度について聞くと、「スゴかったですね。上から目線すぎるというか、もう少し言い方ってあるでしょ。あれは謝罪会見の歴史に残る司会者ですよ」ともはや笑うしかない様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中