2018年 6月 22日 (金)

YOSHIKI レアな1970年のアナログシンセで新曲

印刷

   ロックバンド「X JAPAN」のリーダーのYOSHIKIさんがインスタグラムとツイッターを更新し、レアなシンセサイザーを操る動画を公開した。

   X JAPANの新アルバム制作で撮影されたものだ。

  • 5月24日に投稿されたYOSHIKIさんのインスタグラム
    5月24日に投稿されたYOSHIKIさんのインスタグラム

激レアシンセで新曲録り

   2018年5月24日、「#XjapanNewAlbum almost there. Song title #Rockstar #arp2500 #synthesizer #xjapan #yoshiki #yoshikistudio」のコメントと共に投稿した。動画に登場するシンセサイザー「ARP 2500」は、かつて存在した電子楽器メーカー「アープ社」が1970年に発表した大型のモジュラー・シンセサイザーで、77年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」にも登場した機種だ。ミュージシャンでもデヴィッド・ボウイさんなどが使用していた。現在では、中々市場に出回らない貴重なものだ。

   この投稿に対し、ファンは、

「Arp2500なんてレアなシンセ...!」
「重厚感のある音がしますね」
「イイ感じじゃないですかコレ!」

と、レアな機材への反応があった。

   また、ツイッターのみ先述のコメントに加え「NEWアルバム レコーディング 最終段階!」とも投稿されたため、長らくお預け状態の新アルバムに、

「つ、ついに!!」
「みんなと共に楽しみに待ってます」
「めっちゃワクワクします」

といった期待の声が寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中