2018年 6月 23日 (土)

カップ麺の液体スープなぜ「後入れ」? 先に入れて実験したら...「なるほど!」

印刷

   最近のカップ麺はバカにできない。お湯を入れて3~5分、お手軽にできあがるその味は、下手なお店に負けないことも。

   ある日、いつものように液体スープの袋をふたの上に乗せて、タイマーが鳴るのを待つうち、ふと思った。

   「液体スープって、だいたい3分経ってから最後に入れるけど......先に入れちゃまずいの?」

  • 液体スープの「先入れ」、実際に比べてみました
    液体スープの「先入れ」、実際に比べてみました
  • 見た目上は大きな差がないが……
    見た目上は大きな差がないが……
  • 麺のほぐれ方が確かに悪い
    麺のほぐれ方が確かに悪い

「別にいつ入れてもええんちゃうの...」

   比較的「お高め」の製品では、スープは小袋で別添えになっている。粉末スープはお湯を入れる前に「かやく」と一緒に投入するもの、あるいは食べる直前に投入するもの、とバラつきがあるが、「液体スープ」はほぼ例外なく直前だ。

   いったいなぜなのか。同じ疑問を持つ人は、少なからずいるようだ。5ちゃんねるの「なんでも実況J」掲示板に立ったスレッド(2018年4月17日)を見ると、

「別にいつ入れてもええんちゃうの...」
「先に入れた方が麺にスープが染み込むんちゃうの?」
「無視して最初から全入れ。出来上がったらすぐ食いたいんだよ」

など、「ルール」を疑う書き込みが複数ある。

   「先に入れると、麺がほぐれません」と注意書きがある製品もあるが、ではなんでほぐれないのか。上のスレッドなどでは、「浸透圧の変化」が原因だ、などといった解説もあるが、今ひとつ具体性を欠く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中