2019年 1月 20日 (日)

内田前監督は悪質タックルを「しっかりと見ていた」 関東学連が発表

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日大アメフト部の悪質タックル問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は2018年5月29日に臨時理事会を実施。柿沢優二理事長らは記者会見を開催した。

   記者会見では、日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチが悪質タックルの場面を「しっかりと見ていた」との結論を報告した。

  • 内田正人前監督
    内田正人前監督

「映像で確認できる」

   会見に出席した規律委員会の森本啓司専務理事は、問題の悪質タックル場面について「内田前監督、井上前コーチはサイドラインからしっかりと見ていました」と説明した。

   森本氏によると、内田、井上両氏はパスが投げられた後のボールの方向でなく、タックルをした日大選手の動きを追いかけていたといい、これは「映像で確認できます」という。

   森本氏はさらに、当該選手はこのプレーで「15ヤード罰退」のペナルティ―を課されたにもかかわらず、内田、井上両氏らが当該選手に声をかけている様子はなかった、などと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中