2018年 12月 18日 (火)

タックルの次は「悪質スライディング」? 足狙い...炎上も監督「問題ない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米大リーグ、カブスのアンソニー・リゾ選手(28)が、いわゆる炎上状態だ。

   2018年5月29日(現地時間)パイレーツ戦でのスライディングが波紋を広げている。

  • 「MLBネットワーク」より
    「MLBネットワーク」より

「明らかに違反行為で大問題だ」

   場面は8回表1死満塁。ショートゴロが飛んだ場面だ。

   遊撃手はホームに送球し、ダブルプレーを狙う。三塁ランナーのリゾ選手はゆうゆうアウトで、捕手が一塁に転送しようとした瞬間――リゾ選手の強烈なスライディングが右足を直撃し、捕手は転倒。ボールは悪送球となり、走者一掃を許した。

   パイレーツのクリント・ハードル監督は守備妨害だとして審判に猛抗議するも、結局認められず。抗議中、捕手は苦痛に顔を歪めしばらく立ち上がることができなかった。

   リゾ選手の行為は「悪質スライディング」だとしてツイッターで物議を呼び、米のスポーツ記者やコラムニストも続々言及している。

「リゾが『汚い選手』であるかどうかは別の問題だが、彼のスライディング行為は言語道断」(Jesse Spector氏)
「リゾは当初ベースラインの右側(外側)を走っていたが、その後ラインをまたぎ芝生に入った。そして捕手に向かって(スライディングの)足が向けられた(中略)明らかに違反行為で大問題だ」(Joe Starkey氏)

監督「間違ったプレーでは決してなかった」

   試合後、MLB(米大リーグ機構)の公式サイトに「リゾのスライディングは守備妨害になるべき」と題した見解文が発表された。

   機構側で問題のプレーを審議した結果、MLB公認規則6.01の4項「スライディングはベースに届く範囲で行い、守備側に接触することを意図して走路を変更してはならない」に違反していたと認定。審議結果は両チームに伝えられ、当事者のコメントも紹介されている。

   カブスのジョー・マドン監督は、「間違ったプレーでは決してなかった」と異議を唱え、「公正で、厳しい野球を罰するべきでない」と機構の決定を非難。

   リゾ選手は、ケガをさせようとする意図は無く、

「私たち野球選手はゲッツー崩しにはハードなスライディングが必要だと知っている。試みなくても良いが、ダブルプレーは阻止するべきだと教えられてきた」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中