2018年 8月 19日 (日)

法務省研究会、土地放棄制度検討 所有者不明の土地への対応で

印刷

   法務省の「登記制度・土地所有権の在り方等に関する研究会」は2018年6月1日、一定期間管理がされていない土地の所有権について放棄されたとみなす制度の創設や相続登記の義務化を検討する旨の中間報告書を公表した。

    報告書によると、昨今、不動産の所有者がすぐにわからず、その特定が難しい状況が続いているという。その問題に対応すべく、相続登記の義務化や登記手続の簡略化、土地の放棄に関する現在の仕組みに対して検討が加えられたとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中