2018年 12月 10日 (月)

日刊スポーツ大見出し「脅迫タックル」 直下にタックルベリー広告 会社困惑「頼んでない」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   釣り具チェーンのタックルベリーの広告が、日刊スポーツ紙に載った。しかし、その真上に日大アメフト問題の大きな見出しが載ったのだ。

   会社は困惑のツイートをして、話題になっている。

  • 日刊スポーツの見出しに困惑?
    日刊スポーツの見出しに困惑?

「弊社は頼まれてもないし 何も頼んでない」

   悪質タックル問題で、日大アメフト部の選手が2018年5月22日に会見したときは、「よく言った」と讃える声が出た。

   内田正人前監督(62)の指示でやったと認めたからで、多くのマスコミが大々的にその告白を取り上げた。

   日刊スポーツは、内田前監督が「やらなきゃ意味ないよ」と宮川選手に伝えたとして、翌23日付朝刊で、宮川選手の行為をこんな大見出しにした。

「脅迫タックル」

   脅迫されてタックルせざるを得なかったという意味だ。

   ところが、同日付朝刊の一部の版では、その見出しが付いた記事の真下に、タックルベリーの広告が大きく載っていた。

   これに対し、タックルベリーの公式ツイッターは、6月4日になって、このときの紙面の写真をアップし、こう漏らした。

「弊社は頼まれてもないし 何も頼んでないんですよ ホントに 日刊スポーツの編集さんの采配ですから」

   広告の上に「脅迫タックル」の大見出しがあることは社内で誰も気づかず、外部から教えてもらって初めて分かったという。

日刊スポーツ「取材はお断りします」

   タックルベリーでは、スポーツ紙各紙に曜日を決めて広告を出稿しているといい、日刊スポーツには、3日付朝刊に載ることが決まっていた。しかし、どのページに載るかは決まっていなかったとして、「いつ、誰が決めているのでしょう?」と疑問を投げかけている。

   ツイッター上では、「うわっこんなことあるんですね」「スポンサーイメージ悪くなるとは思わなかったのだろうかな」「あまり気持ちの良いものではないですね」と日刊スポーツの見出しに疑問の声が上がっている。

   一方で、故意ではないかもしれないとして、「校正が仕事をしていないという事ですかね?」との指摘も出ていた。

   日刊スポーツの読者窓口は6月5日、「そういったことに対して、一切お答えしていません。取材はお断りします」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中