2018年 10月 22日 (月)

古村比呂、「白血球数の減少」で爪が... ブログ読者から「対策」アドバイス殺到

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   がんの再々発を公表し闘病中の女優、古村比呂さん(52)が、ブログで「白血球数の減少」の兆候として、爪割れなどの現象を報告した。

   するとコメント欄には、自身もがん闘病中だという女性たちから爪対策の知恵が多数寄せられ、古村さんは更新したブログで、早速実践したいと感謝している。

  • 古村さんが体調の現状を明かした(画像は古村比呂さんのブログから)
    古村さんが体調の現状を明かした(画像は古村比呂さんのブログから)

「たっぷりネイルオイル しっかりとマニキュアは...」

   古村さんが爪などの異変をブログで明かしたのは2018年6月4日。

「さてソロソロ白血球数が減少する頃」

と、治療の影響の自覚があるようで、兆候として、

「手先 足先 足裏痺れ 鼻血 動悸」

を挙げ、さらに

「今までで一番ガツンと来ているのが」
「爪割れと変形」

と報告した。爪が柔らかくなり、欠けやすくなったそうで、

「これ以上 柔らかくならないで~」

と、時折は笑顔の絵文字なども使いながら、軽い調子で綴っている。

   この更新に対し、ブログ欄には励ます声だけでなく、自身や家族ががん治療中だ、という複数の女性たちからの反応もあり、爪にマニキュアや爪用クリームを塗ったり、バンドエイドで巻いたりする対応策を勧める声が寄せられた。

   古村さんは翌5日に更新したブログで、

「とても参考になる皆さまからのコメント」
「いつもありがとうございます」

と感謝し、

「たっぷりネイルオイル しっかりとマニキュアは早速始めます」

と、提案を取り入れる考えを示した。さらには

「よーしハワイでウクレレを弾くぞ」

という前向きな気持ちにもなったそうだ。最後は、感謝の言葉を繰り返して締めくくった。

   古村さんは2012年、子宮頸がんのため手術をした。17年春に再発が、同年秋には再々発が分かり、18年2月に公表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中