2018年 12月 20日 (木)

アボガドをアボカドと訂正し続け8万回 謎のツイッター「アボガドをアボカドに訂正する委員会」を直撃

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「アボカドという名前自体が人類に災厄をもたらす、ということであり、人類の平和を乱すということにもなる」――そう喝破したのは、漫画家の東海林さだおさんである。エッセイ『目玉焼きの丸かじり』所収の「アボカドの身持ち」の一文だ。

   というのも、世の中にはアボカドを「アボガド」と間違える人が少なくない。「そうすると、待ってました、と待ちかまえている人が必ずいて、『アボガドじゃなく、アボカド!』と強く否定する」。すると、訂正された側は相手を「恨みに思い」、場の空気を悪くし、ひいては「災厄をもたらす」――という論法だ。

  • 「アボガドをアボカドに訂正する委員会」のアカウント。「いいね」の数は訂正の数そのもの
    「アボガドをアボカドに訂正する委員会」のアカウント。「いいね」の数は訂正の数そのもの
  • 実際に「アボガド」とツイートした結果。「いいね」欄に「アボガドをアボカドに訂正する委員会」が。少し遅れて「アボガドをアボカドに訂正する委員会をお手伝いする委員会」にも捕捉された
    実際に「アボガド」とツイートした結果。「いいね」欄に「アボガドをアボカドに訂正する委員会」が。少し遅れて「アボガドをアボカドに訂正する委員会をお手伝いする委員会」にも捕捉された

試しにつぶやくと...すぐに「いいね」が!

   確かにアボカドのことを「アボガド」と間違ってしまう人は多い。そもそもこの名前自体、オックスフォード英語辞典によると、原産地メキシコの現地語「アーワカトル」が、スペイン語で弁護士を意味する「アボカド」と混同されて生まれたという。由来からしてややこしいのだ。

   「広辞苑」ですらそう。最新第7版には、

「クスノキ科の高木、また、その果実。(中略)アボガド。」

と併記されている。

   さて、世の中には、この「アボガド」を「アボカド」と正すことに、熱い情熱を傾けている人がいる。しかも、相手に「恨み」を残すことなく、むしろ喜ばせすらするのだ。

   そんな情報を入手したJ-CASTニュース編集部では、試しにツイッターで、こうつぶやいてみた。

「アボカドとアボガド、あなたはどっち派ですか?」

   そのわずか1~2分後である。投稿に「いいね!」がついた。そのアカウント名は、

「アボガドをアボカドに訂正する委員会」(@avogado_janai)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中