2018年 6月 18日 (月)

「マテンロウ」アントニー、デスパイネと間違えられる 野球ファンから「頑張って」

印刷

   お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーさん(28)が2018年6月8日、プロ野球ファンから「頑張ってください」と声をかけられたことをツイッターで明かした。

   ソフトバンクの中心打者、キューバ出身のアルフレド・デスパイネ選手と間違えられ、思わぬ声援を受けたというのだ。

  • 草野球帰りのアントニーさん(画像は本人のツイートより)
    草野球帰りのアントニーさん(画像は本人のツイートより)
  • 福岡ソフトバンクホークス公式サイトより
    福岡ソフトバンクホークス公式サイトより

「いや吹いたwww」「完全にデスパイネで草」

   アントニーさんは、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフタレント。所属事務所の公式サイトに掲載されたプロフィールによれば、身長183センチで体重は110キロ。小学生のときは野球をやっており、ポジションは4番ピッチャーだったという。

   現在も趣味で草野球を続けているアントニーさん。6月8日朝には、「今日神宮で草野球だった!!!」と報告。神宮球場(東京・新宿区)の近くにある軟式野球場で、草野球を楽しんだようだ。

   だが、その帰り道で思わぬ出来事が。なんと、ソフトバンクのファンとみられる通行人から、

「デスパイネ選手頑張って下さいって言われた、、、、」

と伝えたのだ。普段から外国人と間違われることが多いというアントニーさんだが、デスパイネ選手と間違えられたのは「はじめて」だという。

   投稿には、ソフトバンクと同じ黒と黄色のキャップを被り、サングラスをかけたアントニーさんの自撮り写真も添えられている。この写真を見る限りでは、確かに恰幅の良い体形など、デスパイネ選手と似ている部分もあるような...。

   こうした報告に、ツイッターには「いや吹いたwww」「完全にデスパイネで草」「う...うん 見えなくもないね(笑)」などと面白がる声が上がっている。

   なお、デスパイネ選手本人も、投稿から半日前の7日夜には神宮球場での対ヤクルト戦に出場していた。休養のため今季初めてスタメンを外れたが、8回に代打出場。しっかりと四球を選び、ファンの期待に応えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中