2018年 6月 23日 (土)

トランプ「25時間寝てない」の不安 会談で冷静な判断できたのか

印刷

   米国のトランプ大統領が北朝鮮との合意文書発表後に開いた記者会見は1時間5分に及び、トランプ大統領としては2番目に長い会見となった。

   トランプ氏は終始饒舌だったが、米国がこれまで主張してきた「完全かつ検証可能で不可逆的な方式の非核化(CVID)」の文言が盛り込まれなかったことに関する批判的な質問も相次ぎ、トランプ氏は「25時間寝ていない」「時間がなかった」などと本音を次々に吐露。米韓合同軍事演習の取りやめも示唆しており、北朝鮮側に「大幅譲歩」したとの批判が高まる可能性がある。

  • 会見では「トランプ節」全開だった(写真はポンペオ国務長官のツイッターから)
    会見では「トランプ節」全開だった(写真はポンペオ国務長官のツイッターから)

「1万人に1人しかこんなことはできない」

   2018年6月12日夕方の記者会見では、冒頭から厳しい質問が相次ぎ、売り言葉に買い言葉とばかりに「トランプ節」全開だった。トランプ氏はこれに先立つ合意文書の署名で、正恩氏のことを「才能がある」と表現。最初に出た質問は、

「金正恩氏は、ご存知のように、家族を殺害し、自国民を飢えさせ、オットー・ワーヌビア氏の死に責任を負っている。どうしてそういった人物を才能があると呼んで平気でいられるのか」

という厳しいものだった。これに対してトランプ氏は「彼は才能がある」と繰り返し、若くして指導者の立場を引き継いだことを評価し、「1万人に1人しかこんなことはできない」と主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中