2018年 10月 17日 (水)

東方神起ユンホ、日本公演で「猿マネ」 「差別的」と物議、ファン「ゴリラが好きなのよ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国の人気男性グループ「東方神起」のユンホさん(32)が、日本公演のステージ上で「猿」を真似たようなジェスチャーをしたことが、インターネット上で「差別的だ」と物議を醸している。

   2018年6月10日、日産スタジアム(横浜市)で行われたコンサート。7万人超の観衆が見守るなか、ユンホさんは突如として猿マネのような変顔を披露。そして、オランウータンやゴリラを彷彿とさせる動きを見せたのだ。

  • 東方神起公式サイトより。右がユンホさんだ
    東方神起公式サイトより。右がユンホさんだ

サッカーアジア杯の日韓戦でも

   いわゆる「猿マネ」ジェスチャーは、日韓でたびたび物議を醸してきた。

   2011年には、サッカーアジア杯の日韓戦で、キ・ソンヨン選手がゴール後のパフォーマンスで、テレビカメラに向かって猿の真似をした。これが人種差別にあたるとして、日韓両国のメディアから厳しい批判を集めた。

   当初、ソンヨン選手はパフォーマンスの対象は日本人ではないと否定していた。だが、翌12年に出演したテレビ番組では、「客席に旭日旗が見えたため、思わずやってしまった」などと振り返っていた。つまり、日本人を侮辱する意図があったと、暗に認めたのだ。

   また13年2月には、元SMAPの草なぎ剛さんが韓国のバラエティー番組に出演した際、共演者の男性タレントが草なぎさんに向けて猿マネをしたことが騒動に。このとき、男性タレントの所属事務所は現地メディアの取材に「軽率だった」と謝罪している。

   このように、日本人に対する侮辱行為だとして問題視されてきた「猿マネ」行為。それとよく似たジェスチャーを、多くの日本人が見守るステージ上で披露したユンホさんに対し、国内のツイッターユーザーからは、

「意図しなくても差別表現に引っかかったなら、本人も素直に誤解生んだ事を詫びた方が良い」
「海外で仕事するならなおさら差別にあたるような行為は知ってないといけない」
「意図は分からないけど、実際に写真を見たらあまり良い気分にはならなかった」

といった厳しい批判の声が相次いで上がっている。

観客に自分のマネをするように呼びかけ...

   問題視された行為は、18年6月10日の「東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~」ファイナル公演で行われたもの。ファンのツイートの中には、ユンホさんは観客に自分のマネをするように呼びかけた上で、猿を真似たようなジェスチャーをした、との報告もあった。

   コンサートの模様は同日の衛星放送「WOWOW」で生中継されていたこともあり、ユンホさんが取った行動は多くのネットユーザーの目に留まったようだ。実際、ツイッター上には、ジェスチャー場面をおさめた動画や写真が多数アップされている。

   今回のユンホさんの行動を「侮辱的だ」と批判する意見が出る一方で、東方神起のファンからは擁護意見も目立つ。こうしたユンホさんのパフォーマンスは以前から行われていたもので、決して日本人を揶揄する意図はないというのだ。ツイッターには、

「ユンホはオランウータン好きで昔からマネはやってて...何故今更炎上騒ぎになるんだ?」
「ユンホはゴリラが好きなのよ、曲の中の皆真似してね~のコーナーの定番で、皆で楽しんでるの」

などの声も寄せられている。

   はたして、ユンホさんの真意はどこにあるのか。

   J-CASTニュースは13日午前、東方神起の所属事務所「エスエム・エンタテインメント」日本法人に対し、(1)今回のユンホさんの行動に、差別的な意図はあったのか(2)猿真似のようなジェスチャーをするのは、今回が初めてなのか――などを取材で尋ねたが、同日18時までに回答はなかった。

   なお、東方神起をめぐっては、18年4月にYouTubeで公開したミュージックビデオで使用した世界地図のCGから日本の部分だけが消える編集ミスがあったとして、所属事務所が謝罪したばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中