2018年 10月 17日 (水)

「ONE PIECE」尾田栄一郎、横井庄一さんネタ「反省コメント」 集英社が発表

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   漫画「ONE PIECE」(集英社)89巻の表紙に掲載した作者・尾田栄一郎氏のコメントが「配慮を欠いた」ものだったとして、集英社広報部は2018年6月14日、J-CASTニュースの取材に「週刊少年ジャンプ編集部、作者共々反省しております」とコメントを寄せた。

  • 「ONE PIECE」89巻
    「ONE PIECE」89巻

残り物のからあげに「名前つける事に」

   尾田氏はまず、「ONE PIECE」89巻の作者コメント欄で「みんなでごはん食べる時 最後に一つ大皿にぽつんと残ってるからあげとかあるよね。あいつに名前をつける事にしました」と切り出した。その上で、残留日本兵の故・横井庄一さんにたとえる形で

「横井軍曹と。『横井軍曹残ってるよ!誰か戦争を終わらせて!』的な。分からないちびっ子は調べてね」

と続けた。

   横井さんは1972年、太平洋戦争終結28年目にしてようやく米領グアム島で発見された。帰国後の記者会見で発言した内容から生まれた言葉「恥ずかしながら帰って参りました」は、その年の流行語に。28年のジャングル生活をもとに著書を執筆し、全国各地で講演。1997年に82歳で亡くなった。

   尾田氏がそんな横井さんを引き合いにしたことで、「不謹慎」「笑えない」と酷評するようなレビューがアマゾンの商品ページで一部、寄せられていた。

   これを受けて集英社広報部は6月14日、J-CASTニュースの取材に

「コミックス『ONE PIECE』89巻の作者コメントには、配慮を欠いた表現がありました。週刊少年ジャンプ編集部、作者共々反省しております。今後は、より一層表現に留意して参ります」

と回答。少年ジャンプの公式サイトでも同様のコメントを掲載した。

   集英社の反応を受けて、ツイッターなどインターネット上の反応は「息苦しい世の中だね」「文面からは悪意があるようには感じられない」「先輩を馬鹿にするなんて不謹慎」「さすがに今回のはまずい気がする」など賛否両論となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中