2018年 11月 13日 (火)

「コカ・コーラ クリア」は何味? ネット激論、他製品と比べた結果は...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本コカ・コーラ(東京都渋谷区)は、新製品「コカ・コーラ クリア」を2018年6月11日から発売している。

   発売から数日が経ち、インターネット上には飲んだ感想が届いているが、どうやら単に「おいしい」というだけでもでもない。「あれに似ている」「これに近いのでは」と、既発の飲料を挙げての論争が続いているのだ。そこでJ-CASTニュース編集部では、「コカ・コーラ クリア」と似ていると指摘された炭酸飲料と飲み比べしてみた。

  • 今回飲み比べた炭酸飲料たち
    今回飲み比べた炭酸飲料たち

「思いの外コーラ」か、それとも...

   リリースによると、「コカ・コーラ クリア」は、透明にするために、コカ・コーラ独特の液色の元であり、味を特徴づけるカラメルを使っていない。そのため、50種類以上のサンプルが作られたという。また、味について「レモン果汁を加え、ゼロカロリーで爽快感と刺激が組み合わさった」と表現している。

   当然、コカ・コーラブランドの製品である以上、ツイッターでは、

「普通にコーラでした」
「思いの外コーラでおいしいねこれ」

   ちゃんとコーラの味がするという投稿が見られた。

   しかし、全く別の製品に似ているとの指摘が上がったのだ。

「コカコーラクリア飲んだ感想『これスプライトじゃね?』」
「透明なコカコーラ水こと『コカコーラクリア』今日から発売で、コカコーラ廃としては飲まざるを得ないのだけど、感想は『自分をコカコーラだと思い込んでいる三ツ矢サイダー』です」

   更に、女流棋士の竹俣紅さんは6月15日、自身のブログで、

「ドクターペッパーっぽいです」

と書いており、コカ・コーラの製品であるスプライトやドクターペッパーはともかく、全く関係のない三ツ矢サイダーの名前まで上がっているのだ。

実際に飲んで確かめる

   ここまで様々な種類が出てくると気になってしまう。

   J-CASTニュース編集部では、「コカ・コーラ クリア」との飲み比べを行った。今回、ツイッターでも挙げられていた「スプライト」(日本コカ・コーラ)と「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料)に、コカ・コーラ クリアにレモン果汁が入っているので、レモンフレーバーの「キリン・レモン」(キリンビバレッジ)と「ザ・タンサン・レモン」(日本コカ・コーラ)の4種類を用意した。

   今回、評価してくれたのは編集部20代~30代の男女計5人だ。

   早速飲み比べの結果だが、2票ずつで「スプライト」と用意していなかった「コカ・コーラ」が同率だった。次点で、「ザ・タンサン・レモン」が1票、そしてツイッターでも話題に上がっていた「三ツ矢サイダー」と「キリン・レモン」は0票だった。

   スプライトを選んだ理由については、「味の残り方が同じ」と「香りがそっくり」。コカ・コーラを選んだ2人は「コーラ以外に考えられない」、「しっかりとコーラ」とコカ・コーラの味の再現度の高さを感じたようだ。「ザ・タンサン・レモン」は、軽い味が近い、という評があった。

   記者自身は、甘さがしっかりとあるが、レモンの風味が漂い、甘さが尾を引かないため、パンチの強い甘さがあるコーラと近いとは思えなかった。むしろ柑橘系の香りがするため、スプライトに非常に近い。香りだけなら、どちらかを判断をするのが難しいほどだ。炭酸の強さはスプライト、キリン・レモンと近い印象を持った。

   しかし、香り以外が明確にどれに似ているとは言えない。「新しい驚き」という公式の説明が、結局一番近いのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中