2018年 11月 17日 (土)

衝突の瞬間、強い揺れと「カランコロン...」 乗客「あの音は忘れられない」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「カランコロンと駆け抜けて行きました」。山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ176号」が人にぶつかり、ボンネットが破損した事故で、先頭車両の乗客がJ-CASTニュースの取材に応じた。

   博多―小倉駅間で強い揺れと異音を感じると、冒頭の甲高い音が聞こえた。駅員には「鳥がぶつかったのか」と質問。まさか人だとは思いもしなかったという。

  • 「のぞみ176号」ガラガラの先頭車両(写真は乗客提供)
    「のぞみ176号」ガラガラの先頭車両(写真は乗客提供)

「自動車の下に物が当たるような」

   のぞみ176号の事故は2018年6月14日14時前後、発生した。JR西日本の広報担当者によると、のぞみが小倉駅(福岡県北九州市)に停車した際、対向車線を走る列車の運転士が、ボンネットの破損に気付き、総合指令所に連絡。指令所が停止を指示して、のぞみは新下関駅(山口県下関市)で停止した。

   広報担当者によると、運転士は北九州市の「石坂トンネル」付近で「ドン」と衝撃音を聞いた。だが、過去に小動物とぶつかった時と同じような音だと思い、即座に停止する必要はないと判断。異常音の報告をしないまま走行を続けた。

   15日のJ-CASTニュースの取材に、広報担当者は「人が立ち入るような状況でなく、駅から何キロも離れている。過去の経験から小動物と判断したようだ」と説明した。

   異音に気付いたのは、運転士だけではない。15日のJ-CASTニュースの取材に応じた会社員の男性(35)は「先頭車両にいたのは2人、つまり体験したのは運転手と私だけです。おそらくですが」として、先頭車両に乗っていたと明かした。

   男性は先頭の16号車で、最後列1列のE席(左窓側)に座っていた。すると突然、博多―小倉駅間の走行中にガタンと異音がした。左の車輪側から強い揺れも感じた。車窓の外は真っ暗で、「報道されているように、トンネル入り口付近での出来事だったと思う」。

   男性は続けて、甲高い金属音のようなものを聞いた。それはまるで、左前方から1列A席付近の右後方へ「駆け抜けて行く」ように...

「カランコロンと軽い鉄板みたいに。先端のパーツ片だったのでしょうか。おそらく最初の異音と衝撃、そして金属音を聞いたのは、当該車両にいた私だけかと思います」

   初めて新幹線の下から聞こえた音に「あのカランコロン音は忘れられん」とツイート。「自動車の下に物が当たるような、それも軽めの物の感じが近しい」独特な音だったという。

「鳥がぶつかったのか」...返答なし

   男性によると、のぞみ176号は小倉駅でいつものように乗客の乗降を済ませた。小倉~新下関駅間で「異常を確認したので、緊急点検をする」旨のアナウンスが入り、新下関駅で停車。ドアも閉めて停止している横で、ホームの駅員はあわただしそうだった。

   その後、運行不能の車内アナウンスが流れた。先頭車両の外を見に行った男性は、先端部分のボンネットが割れており、血のような跡があることを確認。まさか人身事故だと思いもしておらず、近くの駅員に「鳥がぶつかったのか」と問いかけたが、返答はない。約2時間後に、あれは人だったと知った。

   男性は「小倉駅で、まだ運行を続ける気だったのか」と疑問を抱いている。事故時に「運転席でどれくらい騒音がしたか分からない」とした上で、「車両では結構、音も振動もあったので、気付かないものかなと思った」。その上で「いっそ小倉駅で乗客を下ろしても良かったんじゃないか」と持論を述べた。

   今回の事故を受けて、JR西日本の平野賀久副社長は15日、記者会見を開いた。それによると、小倉駅の駅員は停車中、先端部の破損に違和感を抱いたが、大きな異常と思わなかったので、発車を止めなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中