2018年 9月 23日 (日)

松井珠理奈、「大丈夫?」ファン心配... 中傷リプに「大量いいね」、相次ぐ異変

印刷

   2018年6月16日のAKB48グループ「第10回選抜総選挙」で、初女王の座に輝いたSKE48の松井珠理奈さん(21)。優勝が確定した瞬間に大きく天を仰ぎ、その後のスピーチでは涙を流しながら喜びを爆発させた。

   だが、今回の総選挙での松井さんの言動には、ファンから戸惑いの声が相次いでいる。なかには、「珠理奈、本当に大丈夫なの?」「早くゆっくり休んで」などと体調を心配する向きまである。いったい、松井さんに何があったのか。

  • 松井珠理奈さん(2017年撮影)
    松井珠理奈さん(2017年撮影)

「報道NG」発言とは

   まずファンが驚いたのは、総選挙の開票イベントに先駆けて行われたコンサートでの異変だ。ステージでのパフォーマンス中に松井さんが突如号泣し、その場に座り込んで動かなくなったのだ。

   その後、松井さんはスタッフに抱きかかえられ、泣きじゃくりながら途中退場。この出来事を伝えたデイリースポーツ(ウェブ版、16日午前配信)記事によれば、関係者は「緊張や極度の精神的疲労から、過呼吸気味になってしまったのでは」と話していたという。

   さらにハプニングは続いた。選挙終了後の写真撮影に、3位のHKT48・宮脇咲良さん(20)が姿を見せなかったのだ。その理由は、会見の模様を伝えた18日朝放送の情報番組「はやドキ!」(TBS系)で明かされた。

   番組の映像を見ると、松井さんはどこか淡々としたトーンで「正直言います。全部話しますね。じゃあ、今まで隠してたこと」と告げる。そして、宮脇さん不在の理由について、

「コンサートで『10年桜』を歌いました。私は『再開の誓い~』の瞬間に、さくらたんに『もっとちゃんと踊って』と言いました。『じゃないとAKBが終わるから』。それを言ったら、さくらたんは出れなくなっちゃいました...」

と説明したのだ。続けて、「悲しいです。だから『ごめんね』って言いました。『でもそれは、さくらたんが好きだからだよ』って」と、表情を変えずに口にしていた。

   「デイリー新潮」の19日朝の報道によれば、こうした松井さんの発言は主催者側からマスコミ各社に「報道NG」が伝えられていたという。

   実際、上記の「はやドキ!」を除けば、この発言を伝えたのは芸能情報サイト「モデルプレス」の1社のみ。さらに同サイトも、理由は不明だが公開後ほどなくして該当の記事を削除している。

中傷リプライにも「いいね」

   確かに、本人が自ら明かしたように、16日の総選挙前コンサートで「10年桜」が披露された際の映像を確認すると、松井さんがパフォーマンス中の宮脇さんに何かを伝えている様子が分かる。

   また、総選挙後に松井さんがツイッターで取った行動も、ファンの間で注目を集めている。自らに批判的なアンチとみられるユーザーの投稿に、あわせて20件以上も「いいね」を付けているのだ。例えば、

「あなたは最悪のアイドルです 自分勝手すぎです」
「こんなに祝福されない1位は前代未聞ですね。はやく卒業してほしいです」
「謙虚さとアイドルらしさは全く見当たらない。あなたに失望しました」

などの辛らつな投稿だ。さらには、総選挙時の松井さんの容姿を揶揄するようなツイートにまで、「いいね」をしていた。

   このような松井さんの言動に、彼女を熱心に応援してきたファンの間では戸惑いや心配の声が広がった。ツイッターやネット掲示板には、「え?どうしたの?何があったの」「普段見てきた珠理奈じゃない」といった書き込みが続出。さらには、

「悪い事は言わないから休んだ方が...」
「総選挙が終わっても忙しいとは思いますがどうか珠理奈さんには少しだけでも休んでほしい」
「ゆっくり休んでまたいつもの珠理奈に戻ってくれることを願います」

などと体調を気遣うファンも相次いでいる。

生誕祭も中止に

   実際、松井さんは18日放送の生番組「AKB48緊急会議」を体調不良で欠席。19日に予定されていた「松井珠理奈生誕祭」も、グループ側が本人の体調を理由に中止を発表している。

   松井さん本人も18日昼のツイッターで、「まだ体調が良くないのですこしお休みします。ごめんなさい」と報告。このツイートにも、ファンからは「今は自分の身体を一番に考えて」といった心配の声が数多く寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中