2018年 7月 19日 (木)

ナイター「誰も聴いてない」中継のナゾ W杯の裏だから?その真相

印刷

   「ニッポン放送ショウアップナイター」が、誰も聴いていない状態で一定の時間、放送を続けていたと番組ツイッターアカウントで明かした。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦・コロンビア戦の裏で一体何があったのか。

  • 里崎さんのツイッターに投稿された松本アナウンサーとのツーショット
    里崎さんのツイッターに投稿された松本アナウンサーとのツーショット

中継時間内で試合が終わらず...

   W杯日本代表の初戦があった2018年6月19日には、日本プロ野球はセ・パ交流戦の3試合が各地で行われた。その中で「ニッポン放送ショウアップナイター」は東京・神宮球場で、ナイターで行われたヤクルトスワローズ対福岡ソフトバンクホークスの試合を中継した。

   この日の実況はフリーアナウンサーの松本秀夫さん、解説は元ロッテの里崎智也さんが務めた。

   この日はニッポン放送に加え、カープ戦がなかった広島県のRCCラジオや福岡・KBCラジオ、北海道・STVラジオでも放送していた。

   21時からのW杯・日本代表戦の中継に切り替えるために、20時40分にニッポン放送とKBCラジオ、STVラジオの中継が終了。試合はRCCラジオのみに伝えられた。

   本来、RCCラジオはこの時間に「Veryカープ! RCCカープナイター」というカープ戦の中継を行っており、放送枠は21時50分まである。

   しかし、それでも時間が足らず、9回裏のヤクルトの攻撃中にRCCラジオの放送も終了したことで、この日の中継は全て終了した。にも関わらず、2人はどこにも放送されない中継を続けたという。

   里崎さんは自身のツイッターでそのことを報告し、

「ニッポン放送はW杯サッカー中継のため8:30過ぎに終わり、その後RCC中国放送に向けて放送していましたが、21:50分に放送終了!でもまだ試合は続き、その後は全国どこにも放送が流れてないのに、上林選手のヒーローも含め22:06まで放送しました。16分間誰も聞いてない放送(笑)」

のコメントと共に松本さんとのツーショットを投稿した。

   ショウアップナイターのツイッターアカウントでは2人のやり取りを紹介。里崎さんは

「誰も聞いていないのに全力で放送する実況と解説のプロですね(笑)」

と、冗談交じりで自賛。また、実況の松本さんも

「里崎さん、最後は本当にね、誰も聴いてないのにありがとうございました」
「えー、誰も聴いていませんが実況は松本秀夫でした...」

と、「聴いていない」視聴者に向けて(?)感謝の言葉を述べた。

   試合は8回表のソフトバンク・上林のツーランが決勝点となり、4対5でソフトバンクに軍配が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中