2018年 11月 14日 (水)

金髪・長友「キャンチョメ激似」説が加速 ついに漫画原作者が...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   漫画家の雷句誠さんが、サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)日本対コロンビア戦のさなか、「キャンチョメが死守しているように見える」とツイッターに投稿し、大反響を呼んだ。

   「キャンチョメ」は雷句さんの代表作『金色のガッシュ!!』の登場キャラクター。W杯直前に金髪になった日本代表DF長友佑都選手にそっくりだとして、ここ最近話題をさらっていた。

  • 金髪になる前の長友佑都選手(2018年6月2日撮影)
    金髪になる前の長友佑都選手(2018年6月2日撮影)
  • 「キャンチョメ」が登場する『金色のガッシュ!!』の作者・雷句誠さんのコロンビア戦中のツイート
    「キャンチョメ」が登場する『金色のガッシュ!!』の作者・雷句誠さんのコロンビア戦中のツイート

「不思議な光景だ・・・」

   日本対コロンビア戦は2018年6月19日に行われ、2-1で日本が勝利。W杯でアジア勢として初めて南米勢を破った。

   左サイドバックで先発フル出場の長友選手は、最後まで運動量を落とさず、日本ゴールを守る。MFクアドラード選手(前半途中で交代)とのマッチアップをはじめ、ゴール前でのシュートブロック、ボール保持者には厳しい寄せ、こぼれ球にも素早く反応してクリアするなど奮闘を続ける。

   力を振り絞り、コロンビアの猛攻を耐えしのいでいた後半アディショナルタイムの時間帯、雷句誠さんがツイッターを更新。投稿されたのは

「キャンチョメがゴールを死守してるように見える」

という一言だ。続く投稿で「不思議な光景だ・・・」としていた。

   「キャンチョメ」は雷句さんの代表作『金色のガッシュ!!』に登場するキャラクター。アヒルのくちばしのような口元と、クリッとした目、そして何より、前髪をアップにした金髪が特徴的だ。長友選手が8日のスイス戦後に突然金髪になると、驚きの声とともにその容姿が「キャンチョメに似すぎ」という声が殺到する事態となっていた。

   W杯の試合中にとうとう原作者から言及されたことで、ツイッターでは、

「雷句先生もそう思うなら間違いねぇわ」
「作者も認めた実写版キャンチョメ(笑)」
「作者公認来た!!」

と大騒ぎに。同キャラは体が小さく臆病者だったが、仲間を守るためには身を挺して戦うまでに成長する。そんな姿も長友選手と重なるのか、

「作った人が言うと間違いないですよ! 長友選手もキャンチョメも仲間の為なら、惜しみ無く力だしますもん」

と両者の内面に触れる反応もみられる。雷句さんの投稿は7000件以上の「いいね」を集めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中