2018年 7月 19日 (木)

高槻市・ブロック塀の女児死亡事故 資格ない職員が点検

印刷

   大阪北部地震で大阪府高槻市の寿栄小学校のブロック塀が倒れ、女子児童が亡くなった事件をめぐり、高槻市教育委員会は、2018年6月22日に記者会見を開き、専門家の指摘を受けてブロック塀の点検をした市教委の職員2人に建築士などの資格がなかったことを明かした。

   市教委によると、15年11月に防災アドバイザーからアドバイスを受け、学校から点検の依頼があったという。その後、16年2月に校長と市教委の職員2人の計3人で目視などの確認をし、「浮き、ひび割れ、傾きが確認されなかったため、問題なしと判断」して学校に報告した。市教委は「事故を防げなかったのは痛恨の極み」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中