2019年 1月 19日 (土)

「大草原の小さな家」作家記念、ローラ・インガルス・ワイルダー賞が改称

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米図書館協会(ALA)は2018年6月25日(現地時間)、「大草原の小さな家」などの作品で知られる作家の名を冠した児童文学賞「ローラ・インガルス・ワイルダー賞」の名前を、「児童文学遺産賞」へと改称すると発表した。

   ALAは発表の中で、「ワイルダーの作品には、有色人種や土着の民族に対する前時代的な文化的態度が反映されており、それらは現代の価値観や儀礼、また多様性を理解するあり方に矛盾して」いるとし、「賞の持つ価値観に合わせて」改称したと、その理由を説明している。

   ローラ・インガルス・ワイルダー(1867~1957)は「大草原の小さな家」などで知られる米国の女性作家。作品はドラマ化され、日本でも放送された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中