2020年 7月 4日 (土)

ロッテ対楽天戦で30秒間の挟殺「珍プレー」 紅白ユニフォームで「大運動会」と爆笑呼ぶ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   プロ野球の公式戦で、30秒間に及ぶ狭殺プレー。2018年6月26日、千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合で爆笑が起こった。

   ロッテの一塁走者の盗塁をきっかけに、両チームが相次ぎミス。「白」のユニフォームのロッテ選手を、「赤」のユニフォームの楽天選手が追いかける構図が「まるで運動会」だとネットで反響を呼んだ。

  • 千葉ロッテVS楽天イーグルス戦で「珍プレー」 (写真は2018年1月撮影)
    千葉ロッテVS楽天イーグルス戦で「珍プレー」 (写真は2018年1月撮影)
  • 千葉ロッテVS楽天イーグルス戦で「珍プレー」 (写真は2018年1月撮影)

三塁走者が飛び出すも、捕手が後逸...

   6回裏1アウト一・三塁の場面で、一塁のロッテ・岡田選手が盗塁。楽天の嶋捕手は二塁に投げるも、岡田選手はセーフに。その間、三塁にいた角中選手が飛び出していたため、ボールを持った遊撃手・茂木選手は再び嶋捕手にボール戻し、三本間で挟もうとした。ボールは嶋捕手から三塁手の今江選手へ。本塁へ向かうロッテ・角中選手を捕らえようと、再度今江選手が嶋捕手へボールを投げたところ、送球が横にそれたため後逸してしまった。

   後逸したボールは一塁手の銀次選手がカバー。ロッテの岡田選手が二三塁間にいたため、今度は二塁に送球。しかし、岡田選手をアウトにできず、またも本塁を狙う角中選手をアウトにしようと、嶋捕手にボールを戻すもアウトにできずじまい。さらに岡田選手を二三塁間で挟もうとするも捕らえられず、再び狙いは角中選手に。やっと三本間で角中選手を今江選手がタッチアウトにした。岡田選手の盗塁から約30秒が経過していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中