2018年 9月 19日 (水)

細野議員に5千万円貸し付けた証券会社 元民主党国会議員らが役員に並ぶ理由を聞くと...

印刷

   元環境相の細野豪志衆院議員に5000万円を貸し付けた東京都内の証券会社が、元民主党衆院議員ら3人を役員にしていることについて、なぜなのかといった疑問の声がネット上で相次いでいる。

   この証券会社の親会社は、大阪市内で自然エネルギーの開発を手がけているが、何か関係があるのかということだ。

  • 細野豪志衆院議員(2015年撮影)
    細野豪志衆院議員(2015年撮影)

証券会社「選挙資金として貸し付けたのではない」

   細野議員への貸し付けについては、朝日新聞が2018年6月27日付朝刊1面トップで報じ、その後各紙が追って伝えた。

   報道などによると、細野議員は、証券会社に貸し付けを依頼し、衆院選投開票日の3日前の17年10月19日に5000万円の提供を受けている。選挙資金であれば、選挙運動費用収支報告書に記載する必要があるが、細野氏は18年4月4日、個人的な貸し借りを記載する資産報告書で借入金を5000万円と訂正した。そして、同月9日に利子を含めて全額を証券会社に前倒し返却している。

   細野議員の国会事務所は6月27日、J-CASTニュースの取材に対し、その経緯を次のように説明した。

「秋以降、急に政治資金が必要になる可能性があると考え、個人として借り入れをしましたが、具体的な政治資金需要が生じませんでしたので、使うことなく利息も含めて返済しました。法にのっとり適切に対応させていただいております」

   とはいえ、証券会社はなぜ細野議員に多額の現金を貸し付けたのだろうか。

   証券会社の担当者は27日、「選挙資金として提供したのではない」としたうえで、次のように取材に説明した。

国会議員3人の役員就任には、「回答を控える」

「過去に環境大臣をされており、自然エネルギーについても理解が深いと考えました。細野さんの政治活動を支援しようというのも目的の1つです」

   つまり親会社が自然エネルギー開発会社であることから、細野豪志議員に何らかの政策を進めてもらおうという意味だ。

   開発会社が証券会社の親会社になった2017年5月には、細野議員がかつて所属していた旧民主党の元衆院議員2人と旧日本維新の会の元衆院議員1人が常勤や非常勤の取締役になっている。

   なぜ国会議員が3人も役員に就任したのだろうか。このことも、自然エネルギーの推進などと何か関係があるのか。

   この点について、証券会社の担当者は、「回答については、差し控えさせて下さい」と取材に答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中