2019年 12月 16日 (月)

ドイツ敗退で「AHAHAHAHA...」 あの国で「狂気乱舞」の理由

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカー・ロシアワールドカップ(W杯)で、世紀の番狂わせが起こった。2018年6月27日に行われたドイツ(FIFAランク1位)対韓国(同57位、いずれも6月7日時点)で、ドイツが2-0と下剋上を許し、グループリーグ敗退が決まった。

   前回王者がまさかの陥落。世界中のサッカーファンに衝撃が走ったが、ブラジル国内は狂喜乱舞している。

  • Fox Sports Brasilのツイッターより
    Fox Sports Brasilのツイッターより
  • 「Sensacionalista」編集長のRodolpho Rodrigo氏のツイッターより
    「Sensacionalista」編集長のRodolpho Rodrigo氏のツイッターより

ミネイロンの惨劇

   2014年のブラジルW杯で優勝を飾ったドイツ。今大会も優勝候補の筆頭格とされていたが、最後まで歯車がかみ合わなかった。

   初戦は格下のメキシコ(15位)相手に0-1で敗戦。次のスウェーデン(24位)戦は2-0と辛勝するも、決勝トーナメント進出をかけた韓国戦でまさかの黒星。ここまでグループ戦全敗の相手に対し、最後まで本領を発揮できなかった。

   この敗北に歓喜したのがブラジル(2位)だ。同国は前回大会の準決勝でドイツに1-7と大敗し、国内で「ミネイロンの惨劇」と名付けられるほど歴史的な屈辱を味わっていた。

   そうした背景があるため、ブラジル国内では喜びが爆発。4年越しの憂さを晴らすかのように、SNS上ではドイツ代表を嘲笑する文章やコラ画像が多数見つかる。

   ブラジルメディア「FOX Sports Brasil」も、こんなツイートをした。

「AHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA(原文ママ)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中