2019年 11月 23日 (土)

「城壁!」「要塞!」 ヒンシュク買ったTBS土井アナのW杯「絶叫実況」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「再確認したのは、サッカー中継における『実況の重要性』」

   サッカーファンの間では、その実況スタイルは以前から知られていたものの、今回はW杯のひのき舞台。終始エキサイトしていた土井アナの存在感は良くも悪くも大きかったようだ。サッカーの実況ではあまり聞かない独自の表現と相まって、ツイッターやネット掲示板には、

「土井は城壁とか要塞とか言い過ぎ、ウザイ。自分の実況に酔いすぎ」
「これから土井選手にサッカーの実況させる時は、『城壁』と言った回数分、土井選手にイエローカード出してほしい」
「実況さぁ上手いこと言おうとして意味不明なこといってんじゃねーよ」
「自分が目立つ必要無いことを自覚して欲しい」

といった声が相次いだ。ただし、

「個人的に今日の実況の人はすごい好きです」
「TBSの実況テンション高くて好き」

と支持する声も一部にある。

   サッカージャーナリストの小澤一郎氏は試合終了直後、ツイッターで、

「11人どころか超有能な23人が揃ったスペインが全く機能しないことで監督の重要性を痛感した試合で再確認したのは、サッカー中継における『実況の重要性』ですね。解説がどれだけ有能でも実況がその能力を引き出せない、話を拾えないどころか、遮って実況が自分のしたい話をし始めると成立しないですね」

と投稿している。

   スペインはW杯初戦の2日前にロペテギ監督解任、イエロ新監督就任という大混乱があった。戸田氏は試合中、「適材適所ならブスケツは後ろです。テクニックがあって攻撃的な選手を前に置く方がスペインらしさは出ますが、イエロ監督の狙いはそこじゃないようですね」と監督交代の影響を示唆するようなコメントをしていたが、土井アナは特に取り上げることはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中