2018年 7月 16日 (月)

タイ洞窟、救出活動のダイバーが死亡

印刷

   タイ北部チェンライ県の洞窟に閉じ込められたサッカーチームの少年12人とコーチ1人の救出活動中、元タイ海軍特殊部隊の男性ダイバーが、死亡した。タイ国軍が2018年7月6日(現地時間)、発表した。

   洞窟の入り口から2キロの地点に設置された救出活動の指揮所へ戻る途中、空気が足りず死亡した。

   軍は少年らに特殊部隊員が付き添い、水に潜りながら外に連れ出す方法を検討していたが、熟練のダイバーが死亡したことで、救出活動の危険性があらためて浮き彫りになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中