2018年 9月 22日 (土)

大雨の日に麻原死刑執行、「何でずらさなかったのか」 宮根誠司ギモンに批判殺到

印刷

宮根「我々からすると、もっと柔軟な対応が」

   続けて、宮根さんはコメンテーターの住田裕子弁護士に

「ずらせなかったのか、というのは...住田さん、素朴な疑問としてね、いま色んなところで災害が起きている時に、何でずらさなかったのかなって」

と疑問をぶつけた。住田氏はこれに対し、

「管理系統が、災害対策と法務省の執行とが重なっている場合は、たぶんずらしたと思います。官邸の災害救助本部とか色んな対策本部ができるのと、これとは、まったく別ルート」

と説明。災害対策と刑執行の意思決定プロセスは異なるものだと説いた。

   この説明を受けて、宮根さんは

「我々からすると、もっと柔軟な対応があったんじゃないかと思いますが」

と再び主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中