2018年 11月 13日 (火)

「砂の器」「大岡越前」俳優・加藤剛さん死去

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   映画「砂の器」やテレビ時代劇「大岡越前」で知られる俳優の加藤剛さんが、2018年6月18日午前10時11分、胆嚢(たんのう)がんで死去した。本人の意思で家族葬がすでに営まれた。加藤さんの所属劇団・俳優座が7月9日午後に発表した。

   加藤さんは静岡県出身。養成所時代に1962年のテレビドラマ「人間の条件」の主役に抜てきされ、デビューした。松本清張原作の「砂の器」(74年)では天才音楽家、70年から99年まで約30年間放送された「大岡越前」では大岡忠相役を演じた。

   俳優座の公式ウェブサイトによれば、最後の出演として、映画「今夜、ロマンス劇場で。」(2018年2月公開)、トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、2017年12月放送)、俳優座の舞台「先生のオリザニン」(2016年6月公演)があげられている。

   劇団は発表が遅れた理由として、「家族葬とお別れの会の段取りが済むまで発表はしないというご遺族の意志」と説明している。

   9月22日に、俳優座劇場(東京都港区・時間未定)にてお別れの会が開かれる予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中