2020年 3月 28日 (土)

KAZUYAさん、チャンネルBAN→翌日復活の怪 YouTubeはノーコメント貫くが...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   政治系YouTuberとして最多級のチャンネル登録者を抱えるKAZUYAさんの動画チャンネル「KAZUYA Channel」が2018年7月18日、突然「BAN」(サイト運営側によって停止されること)された。「YouTubeのスパムポリシーに違反した」からだとの通知を受けたという。

   ところが翌日、チャンネルは突如として「復活」。運営側の対応に、本人も「どういう判断基準なのか?」と戸惑いを隠せないようだ。

  • 「KAZUYA Channel」(画像はスクリーンショット)
    「KAZUYA Channel」(画像はスクリーンショット)

「ネトウヨ春のBAN祭り」の仕業か

   KAZUYAさんは12年、YouTubeで「KAZUYA Channel」を開設。主に政治や時事問題、歴史に関連する動画を投稿してきた。チャンネル登録者数は政治系YouTuberとして最多級の約49万人にのぼる。著書も多い。

   政治色としては「右」の部類に入る。朝日新聞の記事に論評を加える「サンデイブレイク」は人気コーナーの1つ。韓国や中国に関する動画も多い。保守系YouTuberとして、確固たる地位を築いている。

   そんなKAZUYAさんのチャンネルが「BAN」されたのは、18年7月18日のことだ。KAZUYA ChannelのURLにとぶと、

「このアカウントは、スパム、詐欺、誤解を招くコンテンツに関するYouTubeポリシーやその他の利用規約に対する度重なる違反、または重大な違反のため停止されています」

と表示され、チャンネルを開けない状態になったのだ。

   なぜ、アカウントは停止されたのか。SNSやインターネット掲示板で浮上したのは、「5ちゃんねる」の「なんでも実況ジュピター」、通称「なんJ」板で5月から続いている運動「ネトウヨ春のBAN祭り」との関連を疑う声だった。

   YouTubeでは、コンテンツをめぐるトラブルを回避するルール「コミュニティガイドライン」を設けていて、視聴者は違反すると思われるコンテンツを「通報」できる。なんJ板で、「ネトウヨ」とされた動画を配信するチャンネルのコンテンツを通報するよう呼びかけ、集団でBANに追い込む――これが「祭り」の狙いだ。実際に複数のチャンネルが、すでにBANされている。

   YouTubeのスタッフは通報を受け、ガイドラインに違反した動画を削除すると、アカウントの当事者に警告。仮に3か月でこの警告を3度受けた場合、アカウントは停止されることになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中