2019年 1月 21日 (月)

眞鍋かをり(38)、「劣化」批判に開き直り 「どっちかっつーと老化でーす」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレントの眞鍋かをりさん(38)が、アイドルや女性芸能人の容姿を「劣化した」などと表現する風潮について、自身が年齢を重ねたことで開き直れるようになったとツイッターで明かした。

  • 眞鍋かをりさん(2012年撮影)
    眞鍋かをりさん(2012年撮影)

「歳取るのってすき」

   「芸能人ってすぐ『劣化』とか言われたりするけど」――。2018年7月20日午後の投稿で、眞鍋さんは突然このように切り出した。そして、38歳という年齢になったことで、こうした批判に対して、

「あっ、知ってまーす どっちかっつーと老化でーす」

と、開き直ることができるようになったと説明。その上で、「中年の権利を堂々と主張できるから、歳取るのってすき」と前向きな思いをつづった。

   この投稿に対し、ファンとみられるユーザーからは「ほんとにずっときれいだと思ってます」「眞鍋かをりさんは今も昔も変わらずずっと素敵です」といった反応が。また、眞鍋さんと同世代だというユーザーからは、

「同じ年ですが、そう思えるところが、豪快です。自分はどうにか老化してもいいように対策している」
「白髪の脅威も迫ってきてますしね。年に逆らわず、でも気を若く、くらいで生きてます 同学年より」

といったコメントも出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中