2019年 6月 17日 (月)

元日銀総裁・松下康雄さん死去 超低金利政策を実施

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   第27代日銀総裁などを務めた松下康雄さんが2018年7月20日、老衰のため死去した。92歳だった。25日、日本銀行が発表した。

   1926年兵庫県生まれ。50年に東大法学部卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。

   事務次官、旧太陽神戸銀行頭取などを経て、94年に日銀総裁に就任した。当時としては異例の年0.5%の超低金利政策を実施したが、98年に金融機関による接待汚職事件で日銀幹部が逮捕された責任をとり、任期途中で辞任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中