2018年 9月 20日 (木)

指原莉乃「ド捏造記事」に泣き笑い よりによって「お祝い」直後に...

印刷

   HKT48の指原莉乃さん(25)が、雑誌の「ド捏造記事」にご不満だ。

   2018年7月25日の指原さんのツイートによると、雑誌記者の結婚式向けに祝福のVTRを撮ったが、その雑誌に「ド捏造記事」が掲載されたのだという。

  • HKT48の指原莉乃さん。どの記事が「ド捏造」なのかは明らかにしていない(2018年1月撮影)
    HKT48の指原莉乃さん。どの記事が「ド捏造」なのかは明らかにしていない(2018年1月撮影)

「どうかその記者の方がその記事に関わってませんように」

   指原さんのツイートでは、

「そういえばとある雑誌の記者の方の式で流す用の結婚おめでとうVTRを頼まれて撮ったら、その雑誌に私のド捏造記事が載ったんですが 笑」

と、泣き顔の絵文字つきでアクシデントを報告。指原さんからすれば「恩を仇で返された」た形だ。それでも指原さんは、泣き顔、「祝」の文字、クラッカーといった様々な絵文字を駆使しながら

「改めてご結婚おめでとうございます どうかその記者の方がその記事に関わってませんように。。。笑」

と祝福のメッセージを贈った。

   指原さんのツイートからは、具体的にどの記事を問題視しているかは分からない。ただ指原さんが自らに関する報道に言及することは珍しくない。例えば6月5日、ツイッターで

「『指原莉乃、ショートに!「かわいすぎる!」「天使!」と絶賛!』みたいなネットニュース、ありがたいけどハードル上がりすぎて『そんなことない』『変わらずブス』になるので...」

などとネットニュースの見出しに注文をつけ、

「『そこそこいい感じと話題!』とかしてほしい。と思ってるタレントさん多いはず。。」

とも書き込んだ。この時は、ハードルが上がりすぎることを気にしてのツイートだったが、それでも「ド捏造」といった強い言葉を使うのは異例だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中