2018年 8月 18日 (土)

杉田水脈氏、名前を覚えてもらえない 枝野氏「水田」小西氏「水田」報知「水田」...

印刷

   自民党の杉田水脈・衆院議員。LGBTなどの性的少数者に「生産性がない」とするその主張は、今や新聞・ワイドショーなどからも、連日袋叩きに遭っている。悪い意味で大いに「名」を売った格好だ。

   とはいえ、「悪名は無名に勝る」という言葉もある。ただ、杉田氏の場合、肝心のその名が、なぜか間違われ続けている。「水田」なる誤った名前で呼ぶ人が、一般層はもとより、政界、さらにはメディアにも、後を絶たないのだ。

  • 公式サイトにも大きく名前を載せているのに…
    公式サイトにも大きく名前を載せているのに…
  • Google検索の結果。「水田議員」でググる人が多いらしい
    Google検索の結果。「水田議員」でググる人が多いらしい

枝野氏「最長演説」でも間違われる

「黙らせていただけますか? 議長、不適切発言に対しては指導していただきたく思います......。(ヤジ続く)水田議員、黙っていていただけますか!」

   2018年7月20日、立憲民主党の枝野幸男代表による演説の一幕である。国会審議への抵抗のため、実に2時間43分という、衆院史上最長のスピーチを行ったのだが、それにヤジを飛ばした議員の一人が杉田氏だった。枝野氏は明らかにいらだった様子で、「名指し」でクレームをつけたが、頭に血が上ったのか、その名前が「水田」に。

   杉田氏本人は翌21日のフェイスブックで、「残念なことに名前が間違ってました。私は『水田』ではなく『杉田』です」。このころはまだ、茶化し気味に返す余裕があったものの、前後して「新潮45」への寄稿で「LGBTは生産性がない」としていたことへの批判が、一気に高まり始める。

   25日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)もその一つで、コメンテーターとして出演していたタレントの江原啓之さんが、「平和を乱す異常者」「無視すべき」と厳しい言葉で断じた。ところが、この発言を紹介したスポーツ報知(ウェブ版)の記事が公開当初、すべて杉田氏の名前を「水田」に。タイトルからして、「江原啓之、『LGBTは生産性がない』発言の水田議員をバッサリ『無視するべき』」。本文でも「自民党・水田水脈衆院議員」「水田議員」と、すべて「水田」になっていた(26日現在、いずれも修正されている)。

擁護派すら「水田」と呼び間違える

   「水脈(みお)」という珍しい下の名前に引きずられるせいか、どうにも杉田氏を「水田氏」と勘違いする人は多いようだ。ツイッターなどで世間の反応を見ても、

「水田議員の『LGBTには生産性がない』発言にビックリしている」
「水田議員の言葉のほうが、生産性を考えていない」
「炎上しまくってる水田議員」
「水田氏の発言は容認し難い」

と、「水田」批判だらけ。杉田氏を擁護している人ですら、「ちゃんと水田氏の記事を全部読まれましたか?」「水田さんは排除などとは言っていません」と、名前を間違ったまま応援する始末だ。

   やはりツイッターでは、小西洋之参院議員が

「国会議員である以上、憲法の基本原理(人権尊重)に反する人生観なるものは許されない。そうした信条であるなら即刻辞職しなければならない。水田議員と二階幹事長の存在そのものが憲法尊重擁護義務(99条)に反する」(24日)

と痛烈な批判を寄せたが、やっぱり名前が「水田」になっている。あまりに勘違いする人が多いせいか、26日現在、Googleで「水田議員」で検索すると「杉田議員」の結果も合わせて表示される。

   なお幸い、現在の国会議員に「水田」姓の人物は衆院・参院ともにいない。古くは蔵相などを務めた大物政治家として知られる水田三喜男氏(1976年没)、社会党で5期衆院議員を務めた水田稔氏(2012年没)などがいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中