2019年 10月 16日 (水)

すごく怪力な女性の仕業? 名古屋の駅のトイレ貼り紙が理解超えてる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   名古屋市内の駅にあったトイレの貼り紙の内容が、「理解を超えている」などとネットで話題になっている。

   「どういうことなん?」「状況が全く想像できないのだが」。ツイッター上で2018年7月21日、貼り紙の写真が投稿されると、こんな驚きの声が上がった。

  • トイレに出されていた貼り紙(写真は、天乃咲哉さん提供)
    トイレに出されていた貼り紙(写真は、天乃咲哉さん提供)
  • 被害の様子が貼り紙から分かる(写真は、天乃咲哉さん提供)
    被害の様子が貼り紙から分かる(写真は、天乃咲哉さん提供)

トイレットペーパーを2分割して便座に敷く

   貼り紙では、「洋式便器のトイレットペーパー使用について」と題して、「無駄使いは、おやめ下さい」と呼びかけが行われていた。

   それによると、最近、トイレットペーパーを丸ごとホルダーから取り出し、真ん中から2分割して便座に敷き、用を足すと汚物入れに捨てていく人がいる。これは、便座に直接肌が触れないようにするためだという。

   2分割されたペーパーの写真も添えてあり、それを見ると、ペーパーがぐじゃぐじゃになっていた。貼り紙では、「次に使用された方はペーパーが無い為、お困りです」と訴えていた。

   貼り紙の写真は、テレビアニメにもなった「このはな綺譚」などの作品で知られる漫画家の天乃咲哉さんが投稿した。

   天乃さんは、ペーパーを2分割するというやり方について、「素手で引き裂いてるっぽい」と指摘し、「すごい怪力な女性だなと思った」と驚いていた。

   トイレの貼り紙についての話題は、ツイッターのまとめサイト「togetter」でも取り上げられるほどの反響を集めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中