2018年 8月 21日 (火)

「憲法教という新興宗教に毒されず」... 稲田前防衛相、早くもツイッター「炎上」

印刷

   ツイッターで自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の立場に賛成しない立場を表明したはずの稲田朋美・前防衛相が早くも「炎上」だ。安倍晋三首相を応援する会合に参加した弁護士について「法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず」などと表現。

 

   これが、憲法が規定している「憲法尊重擁護義務」(第99条)に反していると批判を浴びたのだ。稲田氏はテレビ番組でツイッターを始めたことを報告し、「炎上しないように頑張っていきたいと思います!」と意気込んだばかりだった。

  • 問題となった稲田氏のツイート。すでに削除されている
    問題となった稲田氏のツイート。すでに削除されている

「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼」

   問題とされたツイートは2018年7月29日21時頃に書き込まれ、

「日本会議中野支部で『安倍総理を勝手に応援する草の根の会』が開催され、私も応援弁士として参加しました。」

などと会合に参加したことを写真つきで紹介する内容。中野支部長の紹介ぶりが炎上を呼んだ。

「支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」

   憲法99条では、国務大臣、国会議員や公務員に憲法尊重擁護義務を課しており、稲田氏のツイートはこれに反しているのはないか、といった声が続出。「日報隠蔽」(集英社、共著)などの著書があるジャーナリストの布施祐仁さんも、ツイッターで

「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼する」

と嘆息した。こういった反響を受けて、稲田氏は遅くとも7月30日午後にはツイートを削除している。

炎上3日前には「炎上しないように頑張っていきたいと思います!」

   そもそも稲田氏のツイッターは、これまでのネガティブなイメージを払拭するために開設されたものだった。最初の書き込みは7月24日で、

「平成28年2月、自民党政調会長だった私は、LGBTの方々が自分らしく、人として尊重され、活躍できる社会を実現するため、特命委員会を立ち上げた。今、この委員会ではLGBTの理解増進のための議員立法の作業中だ。私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」

という内容。保守派として知られる稲田氏ですら杉田氏を批判していると受け止められた。7月26日夜放送の「深層ニュース」(BS日テレ)でも、ツイッター開設の狙いを

「ツイッターで私のイメージというか、本当に右で、歴史問題では修正主義者っていう向きも多いが、いろんな面を発信することができればいいなあと思いまして...。まだまだ未熟なので、手探りで...。まだ1個しかやってない(1回しかツイートしていない)んですけれども...炎上しないように頑張っていきたいと思います!」

と力説したばかりだったが、それからわずか3日後の「炎上劇」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中