2019年 10月 15日 (火)

「私の妻は日本人で...」→実は中国人 英外相「ありえないミス」で袋叩きに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   英国のハント外相の初訪中での「言い間違い」が、英メディアから厳しい批判を浴びている。

   ハント氏の妻は中国出身で、中国の王毅外相との会談で話題にしようとしたが、口をついて出たのは「私の妻は日本人で...」。直後にハント氏は間違いを訂正し、会談の場では「うっかりミス」だと受け止められて笑いが広がったが、メディアは「中国政府の前で日本と間違えるのは最悪」などと手厳しい。

  • 英国のハント外相(左)と中国の王毅外相(右)(写真は中国外務省ウェブサイトから)
    英国のハント外相(左)と中国の王毅外相(右)(写真は中国外務省ウェブサイトから)

公式晩さん会で日本語を使ったことと混同?

   ハント氏は2018年7月に外相に就任したばかり。7月30日に北京で行われた会談の冒頭で、

「私の妻は日本人で...」

と口走り、すぐに

「私の妻は中国人で...。ひどい間違いですね。撮影をやり直しましょう」

と訂正。中国側からも笑い声が起こった。さらにハント氏は、

「公式晩さん会では日本語で話しました。妻は中国人で、子どもたちは半分中国人。西安には中国人の祖父母がおり、中国とは強い家族のつながりがあります。中国と英国の友好関係をさらに深められることを願っています」

と続けた。両外相は日本語を話すことができ、ともに日本での勤務経験もある。日本語(Japanese)で話したことを話題にしようとして、妻が日本人(Japanese)だと言い間違えた可能性もありそうだ。

   ただ、メディアからすると、単に「言い間違い」では済まされない問題のようだ。

   BBCは、この言い間違いが「なぜ大失敗なのか」と題した解説記事をウェブサイトに掲載。

「中国政府の機嫌を取ろうとするのではあれば、どんな国であっても、中国と他の国とを間違うのは悪いことだ。しかし、あらゆる国の中で、日本と間違えるのはおそらく最悪だ」

として、その背景として、日中戦争に始まる両国の歴史問題を指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中