2018年 11月 15日 (木)

元巨人・村田は「勘違いされやすい」 かつての盟友「(現役続行)諦めないで」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球ファンに衝撃が走った。日本野球機構(NPB)復帰を目指していた元巨人の村田修一選手(37)が2018年8月1日、記者会見を開き、「来年についてNPBを目指すことは考えにくい」と発表した。中日・松坂大輔投手(37)に代表される「松坂世代」がまた一人、球界を去る。

   かつて一緒にプレーしたこともある元ロッテのサブロー氏(42)は、「彼をよく知らない人は彼と話せば魅力が伝わるはず。諦めないでほしい」と呼びかけている。

  • 栃木GBの公式サイトより
    栃木GBの公式サイトより

BCリーグで大活躍も...

   NPB支配下登録の期限を迎える7月31日。最後まで村田選手に声はかからなかった。

   村田選手は昨シーズンに巨人の正三塁手として活躍するも、若返りを図るチームの構想から外れて自由契約に。その後移籍先は見つからず、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブス(GB)に入団。NPB復帰を目指し、42試合で打率.352、打点44、本塁打9本と獅子奮迅の活躍をみせていた(7月31日時点)。

   村田選手とかつて親交があったというサブロー氏は31日、ツイッターで

「BC栃木の村田修一選手をなぜNPBはどこも取らなかったんだろう?不思議で仕方ない。今の彼なら安く取れてコスパ最強なのに。へたな外国人取るよりよっぽど打つと思うけどね」

などと残念がるコメントを寄せた。翌日に引退報道が流れた際には、

「実際に彼と一緒にプレイをした人なら分かると思うが、野球に対して真面目で先輩にも後輩にも好かれる人物です。ただ勘違いされやすいんだと思う。彼をよく知らない人は彼と話せば魅力が伝わるはず。諦めないでほしい」

と村田選手をかばい、現役続行を切望した。

「引退という2文字は言いたくない」

   村田選手の1日の会見に同席した栃木GB・辻武史監督は、村田選手の一番の魅力について「面倒見の良さ」を挙げた。

   若い選手たちと積極的にコミュニケーションを図り、時にはアドバイスも送る。後輩たちは刺激を受け、おのずとチームメイトから慕われる存在となった。

   村田選手は「来年どこかでユニフォームを着るのは考えにくい」と話す一方で、「引退という2文字は言いたくない」との思いも明かした。

   今後については未定としたが、現役続行とは違った形でのNPB復帰の可能性は決してゼロではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中