2018年 11月 14日 (水)

竹内涼真ショック、主演ライダー展示なし 「忘れられた」嘆き節連発に、石森プロは...

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「いない、俺」「忘れられたかな」――。俳優の竹内涼真さん(25)が、テレビ番組のロケで訪れた「石森プロ」本社の展示に、頭を抱えて落ち込む一幕があった。

   歴代ライダーのフィギュアを飾った展示棚に、自らが演じた「仮面ライダードライブ」の姿がなかったためだ。そこでJ-CASTニュースが、こうした竹内さんの反応を石森プロの担当者に伝えると...。

  • 傷心の竹内さんに石森プロが「神対応」約束(画像は竹内さんの公式ブログより)
    傷心の竹内さんに石森プロが「神対応」約束(画像は竹内さんの公式ブログより)

「本社の方に気に入られてないのかな」

   竹内さんは2018年8月1日放送の「ヒルナンデス!」(日テレ系)のロケ企画で、石森プロを訪問。といっても、出演者らは社内に入ったワケではなく、オフィスの入り口にある展示棚を鑑賞しただけだ。

   歴代のライダーがズラリと並んだ展示に、竹内さんはまず「僕いるかな?ちょっと待ってくださいね」。身を大きく前に乗り出しながら、主人公の泊(とまり)進ノ介役を演じた「ドライブ」のフィギュアを探すのだが、

「うわ~、忘れられたかな。いない、俺...」

とポツリ。「割と最近(の作品)なんですけどね」と漏らし、悲しさを爆発させるような調子で、

「なんで無いんだよ!」

と叫んだ。

   共演したタレントのつるの剛士さん(43)が、「ホントもう、ベコベコになるわ。自分がいないなんて」と追い打ちをかけると、竹内さんは頭をかきむしりながら「マジか...」と一言。そして、

「本社の方に気に入られてないのかな。悲しいです。こうやって、忘れられていくんですね...」

と寂しげな調子で呟いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中