2019年 11月 12日 (火)

「これ、海苔ではありません」 長野県が公開した99%黒塗りの公文書に驚きの声 

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   長野県内の森林組合による補助金不正受給事件で、県に公文書の情報公開請求をしたところ、ほぼすべて黒塗りだったとして、共産党県議がツイッターで写真を公開した。

   これでは非公開と同じではないかと、驚きの声が上がっている。

  • ほぼすべて黒塗りだった長野県の公文書(写真は、山口典久県議提供)
    ほぼすべて黒塗りだった長野県の公文書(写真は、山口典久県議提供)

補助金不正で、職員へのヒアリング内容の公開求める

   表題や日付などのほかは、すべて真っ黒になった公文書がずらりと並ぶ。

 

   「これ、海苔ではありません」。山口典久県議は2018年8月1日、ツイッターに投稿した写真についてこう説明した。

   この事件では、大町市内の大北(たいほく)森林組合が国の補助金14億円余を不正受給し、組合の元専務理事が詐欺などの罪で懲役5年の実刑判決を17年3月に受けるまでになっている。

   県は国に3億5000万円ほどの加算金を納めたが、このことについて、県民から監査請求があり、県監査委員は18年2月、事件に関わったとされる県職員11人に計450万円の賠償責任を認めていた。

   共産党県議団では、監査委員による職員へのヒアリング内容について知りたいと、和田明子県議名で7月9日、県に情報公開請求を行い、8月1日に公文書が公開された。

   ところが、手渡された277枚のほぼすべてが黒塗りの状態だった。このことに対し、山口県議は、「あまりにもひどすぎる。公文書の管理、公開は国民主権、『知る権利』に関わる重大な問題です」とツイッターで怒りを露わにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中