2018年 8月 20日 (月)

「金属製の水筒にスポドリ、絶対NG」って本当? 研究機関、メーカーに聞くと...

印刷

   金属製の水筒にスポーツドリンクは「絶対NG」――。歴史的猛暑で熱中症対策の必要性が盛んに叫ばれるなか、インターネット上には、こんな注意喚起をするネットユーザーが相次いで現れている。

   スポーツドリンクは酸性の液体のため、金属が溶け出して中毒を起こしてしまうというのだ。はたして、こうした情報は事実なのか。J-CASTニュースが、東京都福祉保健局、「ポカリスエット」の大塚製薬などに取材すると...。

  • 金属製の水筒にスポーツドリンクはダメ?
    金属製の水筒にスポーツドリンクはダメ?

過去には中毒事例もあるが...

「水筒が金属なら絶対スポドリ入れないでください!!」
「ポカリを金属水筒に入れちゃダメ」
「金属製の水筒に、スポーツドリンクを入れると、水筒内の金属が溶けて中毒になるらしい」

   暑さが本格化し始めた2018年7月中旬頃から、ツイッターには上記のような書き込みが相次いで寄せられている。こうしたネットの反応を受けてか、ウェブメディア「しらべぇ」も21日朝、

「ステンレス製の水筒にスポーツドリンクは要注意! 中毒症状のおそれも」

と題した記事を配信。本文中では「酸性の強い飲料はステンレス製やアルミ製などの金属の水筒に入れることは注意が必要」と呼びかけていた。

   こうした注意喚起の根拠とされているのは、東京都福祉保健局の健康安全研究センターが11年8月に公式サイト上に掲載した情報だ。確かにこのページでは、スポーツドリンクが酸性の飲料だと紹介しながら、

「酸性度の高い飲み物や食べ物を金属製の容器に入れると、飲み物・食べ物の中に金属が溶け出すことがあります」

と伝えていた。

   また、実際の中毒事例も2008年に報告されているとも紹介。このときは、銅製の水筒で粉末のスポーツドリンクを溶かし、それを5~6時間後に飲んだ6人が、頭痛やめまい、吐き気などの症状を訴えたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中