2020年 2月 23日 (日)

「私には私の地獄がある」 TBS宇垣美里アナ、闇キャラ作ってる批判に反論

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、暗い性格の「闇キャラ」を作っているとネット上で揶揄されたとテレビ番組で明かし、このことに反論して話題になっている。

   宇垣アナと言えば、女子アナきっての美女とされ、週刊漫画誌のグラビアまで飾るほどだ。一方で2018年6月、「ぶりっ子」「あざとい」とのうわさには理由がないとテレビ出演で不満をぶつけるなどし、夕刊紙に「闇キャラ」と指摘された。

  • サンデージャポンの公式サイト
    サンデージャポンの公式サイト

「生きていて申し訳ない」「人は私の顔を見たいのか」

   2018年7月29日放送の情報番組「サンデージャポン」では、回転寿司店のレポートでVTR出演した宇垣アナは、家族連れらが来ている中で1人で席を占領してしまい、

「すごく生きていて申し訳ない気持ちになっちゃって」

と思ったという。

   ほかにも、大写しで自分が映ったりしているときに、そんな気持ちになるとし、物を食べているときに口が動いているのを見るのは気持ち悪いはずだとして、

「そんなに人は私の顔を見たいのだろうか」

と自問自答した。

   そして、宇垣アナは、8月5日の「サンデージャポン」VTR出演では、最近あった嫌なことについて聞かれ、ネット上でこんな「闇キャラ」揶揄が出ていることだと明かした。

「どうせまた、新しいキャラクター作ってんだろう」
「いやいや、生きててすみませんとか思ったことないでしょう」
「むしろ、どんな幸せな人生生きてんだよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中