2018年 9月 22日 (土)

偽アカウント「オバマbot」横行 LINEでスパム行為、正体突き止めたら...

印刷

   あのバラク・オバマ氏を騙るアカウント「オバマbot」から、いきなりLINEが届いた――こんな報告が2018年8月4日ごろから相次いでいる。

   知らない間に、何人もの「オバマ氏」がLINEの友達(友だち)に加わっているという奇妙な現象に、ユーザーはパニックに。「アカウントを乗っ取られる」「ウイルスに感染する」といった怪情報も乱れ飛ぶ。そんな中、J-CASTニュースではその「正体」だという人物を発見、話を聞くことに成功した。

  • オバマ氏もびっくり?(画像はイメージです)
    オバマ氏もびっくり?(画像はイメージです)

8月4日はオバマ氏の誕生日

――(「オバマbot」を作ったのは)どのような目的からでしょうか?

男性 オバマの誕生日を祝いました

   問題のアカウント「オバマbot」の製作者を名乗るこの人物は、あっさりこう答えた。ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)で語るところによれば、「24歳男性」だという。

   「オバマbot」なるこのアカウントは、米前大統領であるオバマ氏の誕生日「8月4日」前後から動き始めた。LINEを通じ、不特定多数のユーザーに、

「Happy Birthday to Me(ケーキの絵文字)」

というメッセージを送りつけるとともに、勝手に友達リストに自分を追加するのである。しかも1体ではない。人によっては気が付くと、3体、4体――それどころか10体以上の「オバマbot」が、友達欄にずらりと並んでいた、という報告さえ上がっている。

   知らないユーザーからメッセージが届く――こうしたスパムは、LINEでは決して珍しいことではない。だがほとんどのスパムは、特定のサイトに誘導しようとしたり、金品をだまし取ろうとしたりと、明確な目的を持って行動してくる。ところがこの「オバマbot」は、単にメッセージを送り、自分を友達に追加するだけだ。

「乗っ取られる」「ウイルス」はデマ

   あまりに意味不明なためか、ユーザーの間ではこうした噂が広がり始めた。

「オバマbotのメッセージを開くと、LINEを乗っ取られる」
「ウイルスに感染して、LINEが使えなくなる」

   情報はLINEやツイッターなどを通じて拡散、「怖い怖い怖い」「助けてください」といった悲鳴が相次ぐ騒ぎに。パニックは加速し、「すぐにブロックを!」といった「対処法」も広まった。

   しかし6日、J-CASTニュースの取材に対し「製作者」の男性は、乗っ取りやウイルス感染などは「ないです」と即答した。オバマbotの「機能」は、メッセージの送付と友達への追加のみだという。LINEの広報担当者も、

「現在そのような被害は確認されておりません。また、本件に関連して『アカウント乗っ取り』『LINEが使えなくなる』といった事象が発生する事はございません」

として、「迷惑行為目的と分析しております」と説明する。要するに、愉快犯である。

すでにアカウントはブロック

   騒ぎになっているほどの「実害」はないとはいえ、人騒がせには違いない。LINEではすでに問題のアカウント群をブロック、ユーザーに対しても、

「不審なアカウントからの友だち追加やメッセージが来た場合には、『LINE』アプリの通報機能を通じ、弊社に通報いただくようお願いをしております」

と呼びかけている。

   なお、「オバマbot」を名乗るLINEアカウントは過去にも存在したが、今回の製作者は「以前のオバマBOTの作者は別に居ます」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中