2019年 11月 14日 (木)

「触ればファウルか」計38本、浦和・槙野が判定に不満 CKほとんどがバツ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーJ1・浦和レッズのDF槙野智章(31)が、2018年8月5日の第20節・V・ファーレン長崎戦(埼玉スタジアム、0-0)後に「相手に触ればファウルか」などとして、審判の判定に苦言を呈した。

   主審をつとめたのは今村義朗氏。サポーターの間でも不可解に思う判定が多かったのか、試合後に審判団がピッチを去る際はブーイングが起きた。

  • 槙野智章(2018年6月撮影)
    槙野智章(2018年6月撮影)

GKと競り合うとファウル

   槙野は6日未明、ツイッターに、

「今日の試合を見直す。両チーム合わせてほとんどのコーナーキックが全部ファール。Jリーグでは相手に触ればファールか。ふむ。ふむ」

と投稿。ドイツ・ブンデスリーガでプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)日本代表に選出された男が、皮肉を込めて判定に苦言を呈した。

   同様のことは浦和のオズワルド・オリベイラ監督も、「感じられたのはレフェリーがCKの時にリスクを避けていた、ということ。かなり多くの場面で攻撃側のファウルの笛を吹いていた」と試合後の会見で語っている。

   両チーム19個ずつ合計38個のファウルがあり、CK時も複数回取られた。特に疑問視されたのは後半35分。長崎が右CKから中央に放り込んだ瞬間にファウルを取られた。長崎FWファンマが、ゴール前の位置取りで浦和DFマウリシオを押したのが原因とみられるが、納得がいかない様子でファンマは両手を広げ、苦笑いして溜め息をついた。

   槙野自身も何度か絡んだ。前半9分の長崎のCKで、同FW鈴木武蔵にマークする槙野がついていこうとするが、2人がかりでブロックされ、長崎のファウルとなった。後半13分の浦和のCKでは、ショートコーナーからゴール前に高く上がったボールに対し、槙野がGKと競り合うとファウルを取られた。

   これらに限らない。上記の後半35分のCKになる直前のプレー。右サイドから鈴木が上げたクロスは、浦和DFマウリシオに当たったとしてCKとなったが、リプレー映像ではまったく当たっていなかった。間近で見ていた浦和GK西川周作は今村主審に詰め寄ったが、覆らなかった。

   長崎FW澤田崇に、浦和MF青木拓矢が背後からチャージしたとしてファウルを取った後半6分の場面も、疑問が残った。プレーの瞬間、今村主審はボールに背を向けていた上、リプレー映像でも澤田は先にボールに触ったようだった。青木は空振り気味になって倒れた形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中