2019年 10月 20日 (日)

山根会長に告発側がブチ切れ会見 「逃げた」「辞任って何を?」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本ボクシング連盟の不正を指摘する告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」が2018年8月8日に会見を開き、辞任表明した山根明会長について、「逃げた印象だ」などと批判した。

   同会は、山根氏が何を辞任するのか明言しなかった上、告発内容への説明が全くなかったことに「憤りを感じる」と不満を隠さなかった。

  • 会見に出席した(左から)岩井翼弁護士、戸田裕典弁護士、鶴木良夫会長、仁多見史隆氏、菊池浩吉氏
    会見に出席した(左から)岩井翼弁護士、戸田裕典弁護士、鶴木良夫会長、仁多見史隆氏、菊池浩吉氏
  • 会見で発言する「日本ボクシングを再興する会」の(左から)鶴木良夫会長、仁多見史隆氏、菊池浩吉氏
    会見で発言する「日本ボクシングを再興する会」の(左から)鶴木良夫会長、仁多見史隆氏、菊池浩吉氏

「一方的に辞任を伝えて終わった」

   同会の会見には、鶴木良夫会長(新潟県ボクシング連盟理事長)、仁多見史隆氏(同副理事長)、菊池浩吉氏(宮崎県ボクシング連盟副会長)と、代理人弁護士の戸田裕典・岩井翼両氏が出席した。

   冒頭、告発状でも指摘がある「不正審判」の証拠として、山根会長がこれを強要している音声データを場内で放送。16年2月5日のもので、

「奈良の選手と他の県と接戦しとるのに左やってみい。『お前ら俺に逆らっとるんか?』ってことになってくるのよ」
「接戦した場合、やっぱり奈良やな。それ反対につけた場合は『お前なめてるんか?』ってなってくるわけ」

などと、審判員に向かって山根会長が迫ったとみられる様子が録音されていた。

   その山根会長はこの会見直前、大阪で報道陣を集め、「私は本日をもって、辞任いたします」と表明した。だが、わずか5分程度、用意した声明文を読み上げるだけで終了。上記の不正審判含め告発状が指摘する不正についての説明も一切なかった。

   こうした態度を「再興する会」は問題視。鶴木氏は「『辞任』と言ったが、辞任の中身が分からない。会長を辞めるのか、理事や会員としてとどまり影響力は残すつもりか。どう判断していいか戸惑っている」と不快感を示した。

   いっそう怒りを示したのは菊池氏だった。

「発言を聞いたが、私どもが(告発状に)あげた項目の説明がまったくないまま、一方的に辞任を伝えて終わった形だった。逃げたという印象があった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中