2018年 10月 16日 (火)

DAIGOの「M:I」吹き替えに賛否 「棒読みで台無し」「(前より)うまくなってた」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   米人気スパイアクション映画シリーズ「ミッション:インポッシブル(M:I)」の最新作が、日本でも公開された。

   吹き替え版の声には、ミュージシャンのDAIGOさんが参加しているのだが、ネット上では、「棒読み」といった批判が出る一方、「(前作より)うまくなってた」と指摘する声も寄せられている。

  • DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)
    DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)

2008年の吹き替えでは「酷評」

   このシリーズは、主演のトム・クルーズさんがスタントなしで体当たり演技に挑むことで、毎回話題になっている。今回の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」も、ビルからビルへと飛び移る際に足を骨折したほどの入れ込みぶりがテレビで紹介されて、ファンの期待も高まっていた。

   ただ、吹き替え版については、ヘンリー・カヴィルさん演じる米CIAエージェントの声をDAIGOさんが担当することになり、ツイッターなどで懸念の声が公開前から上がっていた。DAIGOさんは、2008年公開の米映画「ウォンテッド」などでの吹き替えで、セリフ読みが演技と合っていないなどとして酷評を受けていたからだ。

   そして、2018年8月3日に今回作が公開されると、ツイッター上などで吹き替えへの不満が相次ぎ、炎上状態になった。

   「DAIGOの棒読みセリフで台無し」「作品は最高なのに興醒めです」「DAIGO DAIGOしすぎて全然役柄合ってない」「作品に没頭出来ない」といった具合だ。

   一方で、以前よりもレベルが上がっているとして、「思ってたより良かった」「うまくなってた」などと評価する向きも多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中