2018年 8月 20日 (月)

DAIGOの「M:I」吹き替えに賛否 「棒読みで台無し」「(前より)うまくなってた」

印刷

   米人気スパイアクション映画シリーズ「ミッション:インポッシブル(M:I)」の最新作が、日本でも公開された。

   吹き替え版の声には、ミュージシャンのDAIGOさんが参加しているのだが、ネット上では、「棒読み」といった批判が出る一方、「(前作より)うまくなってた」と指摘する声も寄せられている。

  • DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)
    DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)

2008年の吹き替えでは「酷評」

   このシリーズは、主演のトム・クルーズさんがスタントなしで体当たり演技に挑むことで、毎回話題になっている。今回の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」も、ビルからビルへと飛び移る際に足を骨折したほどの入れ込みぶりがテレビで紹介されて、ファンの期待も高まっていた。

   ただ、吹き替え版については、ヘンリー・カヴィルさん演じる米CIAエージェントの声をDAIGOさんが担当することになり、ツイッターなどで懸念の声が公開前から上がっていた。DAIGOさんは、2008年公開の米映画「ウォンテッド」などでの吹き替えで、セリフ読みが演技と合っていないなどとして酷評を受けていたからだ。

   そして、2018年8月3日に今回作が公開されると、ツイッター上などで吹き替えへの不満が相次ぎ、炎上状態になった。

   「DAIGOの棒読みセリフで台無し」「作品は最高なのに興醒めです」「DAIGO DAIGOしすぎて全然役柄合ってない」「作品に没頭出来ない」といった具合だ。

   一方で、以前よりもレベルが上がっているとして、「思ってたより良かった」「うまくなってた」などと評価する向きも多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中