2018年 11月 17日 (土)

壇蜜「謎のプレイ楽しんでいる」 ファン「もっと謎のプレイがありそう」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレント・壇蜜さん(37)が意味深な言葉でブログを締めくくった。

   2018年8月16日、「彼女の指先を見つめては耽美な気持ちに浸るという謎のプレイを楽しんでいます」と文末に書き、意味ありげな記述にファンがさまざまに思いを巡らせた。

  • 「謎のプレイを楽しむ」(2017年9月撮影時)
    「謎のプレイを楽しむ」(2017年9月撮影時)

「爪遊戯」

「爪遊戯。」。

壇蜜さんらしい、魅惑的な記事の見出しだ。

   先日、外出先で普段はいつも持ち歩いている小型の爪切りを忘れたという。

「しかし伸びかけの爪が気になってしまって...」

気になって仕方がなかった壇蜜さんは、ヘアメイク担当スタッフから拝借し、爪を切った。

「いつも深爪気味の私にとって、少しでも白い爪の部分が出ていると何だか落ち着かないのです」

日頃から爪がほんのわずか伸びているだけでも気になるのだそうだ。

「彼女の指先を見つめては耽美な気持ちに浸る」

   だが壇蜜さんは

「だからといってキレイなネイルアートが嫌いなわけではないのです」
「夏にターコイズ色やオレンジ色といった元気が出そうな明るい色のネイルをしている方を見かけると夏だねぇ...と羨ましくなりますし、可愛い金魚や風鈴、星などを模したネイルアートには、その仕事の細やかさと美しさに感心するばかりです」

と続ける。

それでも上記のようなネイルアートをしたままの生活は出来ないようで、

「最近では、ラジオでご一緒する女性スタッフの美しいネイルアートの変遷に注目し、彼女の指先を見つめては耽美な気持ちに浸るという謎のプレイを楽しんでいます」

とひらめいたそうだ。

   この「謎のプレイ」という言葉にファンはビクリと反応。

「壇蜜さんにはもっと謎のプレイがありそうな気がします。」
「アバンキャルドでお耽美なプレイですね」
「確かにそれは謎プレイですね(笑」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中