2018年 11月 16日 (金)

「カメ止め」上田監督、ワイドナ出演も... 「一番影響受けた」松本人志に会えず

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   話題の映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督(34)が、2018年8月19日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した。

   上田さんは、ダウンタウンの松本人志さん(54)を「神」と称するほどの大ファン。番組での対面に心を躍らせていたが、なんと松本さんが体調不良で収録を欠席。これには上田さんも、放送後のツイッターで「まさかの松っちゃん不在...」と複雑な心境を漏らした。

  • 松本人志さん(2016年撮影)
    松本人志さん(2016年撮影)

松本さんと対面したら「夢がなくなる」

   SNSの口コミをきっかけに、異例のヒットを記録している「カメラを止めるな!」。製作費は300万の超低予算で、公開当初の上映は2館だけだったが、今では上映館が190(累計)まで拡大するなど大きな話題を集めている。

   そんな話題作を手掛けた上田監督は、松本さんの大ファンを公言。収録前とみられる18日未明のツイッターでは、出演を告知するとともに、

「たぶん僕が世界で一番影響を受けた人物であろうあの方と...神との対面が早くも...」

と興奮気味の様子だった。

   だが、松本さんは体調不良でこの日の収録を欠席。こうした展開を受けて、上田監督はまず、

「いや~本当に、今日は(収録の)集合時間の1時間前に来ちゃって、左手が震えてきて緊張しすぎて。松本さんに会えるから。たぶん、世界で一番影響を受けてる人間なんですよ。東野さんも想像上の生き物だと思ってた」

と松本さんへの尊敬の念をコメント。その上で、念願の対面を果たせなかったことについては、

「いや、でも松本さんに会えたら、本当にもう上が無いなって。夢がなくなるって。だからちょっと、会いたかったけどホッとしている部分もあります。(欠席を知って)左手の痺れもすぐおさまりました」

と話していた。

「神との対話は持ち越されました」

   その後、上田監督は番組の放送終了後のツイッターでも、

「極度の緊張で謎に手が痺れてきてもう大変でした。が、まさかの松っちゃん不在...!神との対話は持ち越されました。残念だったりホッとしたり。でも夢は残ってた方がいいよね」

と複雑な胸中をコメント。ただ、東野さんや元サッカー日本代表の前園真聖さん(44)と共演したことについては、

「ごっつど真ん中世代としては生東野さん、Jリーグブームど真ん中元サッカー少年としては生前園さんとお会い出来たのも夢のようでした」

と嬉しさを爆発させていた。

   こうした上田監督の投稿にファンからは、

「残念なお気持ちもあるかと思いますが夢が継続中という事ですね、いつか会える日が来ますように」
「次回作がもっと話題になって呼ばれると思いますよ」
「松ちゃんの感想が聞きたかった。いつか必ず会えるといいですね」

といった励ましのリプライ(返信)が寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中