2018年 11月 21日 (水)

最上もが「怖くて泣きそう」 「待ち伏せ&サイン要求」を報告

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元「でんぱ組.inc」メンバーでタレントの最上もがさん(29)が、駅で待ち伏せしてサインを求める人がいて困惑していると、ツイッターで告白した。

   最上さんに同情的な声がネットではほとんどだが、中には、そうでない人もいるようで...。

  • 最上もがさん(2014年5月撮影)
    最上もがさん(2014年5月撮影)

「ファンと言えばなんでも有りなのか」

   アイドルとして写真集なども出していた最上さんだけに、イベントなどでは、サインや写真撮影を求めるファンも多い。

   ところが、プライベートでも追いかける人はいるらしく、最上さんは2018年8月18日、ツイッター上で苦言を呈した。

   それによると、最上さんは、駅で待ち伏せされることがあって、「サイン下さい」とせがまれた。これに対し、最上さんは、サインなどはイベントの特典として対応しているため、「平等じゃないから」と断ると、こう言われたという。

「ファンなのにサインもらえないんですか?」

   最上さんは、哀しく感じるとともに、自宅に帰る途中で周囲に人もいてザワザワし始めたため、余計に怖くなってしまった。そして、このような行為に対して、「めちゃくちゃ怖くて泣きそう」「ファンと言えばなんでも有りなのだろうか」と疑問を投げかけた。

   さらに、何度もサインなどを要求してくる人は、ファンではなく、転売目的の可能性があるとも指摘し、「こういうのは減って欲しいなと思います」と訴えた。

   最上さんの切実なツイートは、大きな反響を呼び、その境遇に同情する声が次々に寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中